トップ >  YUCASEE コラムニスト >  エンドレス・サマーを探しに行こう >  フィリピンでEat, Sleep, Sruf !【3】

フィリピンでEat, Sleep, Sruf !【3】

日曜日よりの使者
日曜日よりの使者
海と家族とワインを愛する開業医。ヨット、スキューバ・ダイビングと長年海に親しみ、癒しを求めてきた。現在は40歳を過ぎて始めたサーフィンにどっぷりとハマって、毎日波情報とにらめっこ。好きな言葉はLife goes on.

 私たちは、ガイドのレモンや仲良くなったローカル達とNew Year's Eve Partyを催した。

 メインディッシュは、現地で最高のご馳走とされる豚の丸焼き(レチョン・バブイ)だ。飴色に焼けた皮は香ばしくクリスピー。一方、中の肉はふわりと軟らかく、咬むと肉汁があふれるほどジューシーなのだ。内臓を抜いて香草を詰めて焼くそうだが、食べてみると癖のない塩味である。

 皮も身も柔らかく、骨も簡単に外れるので、手でむしって食べる。あまりの美味さに、みな無言の取り合いだ。ついさっきまで子豚の形をしていたのに、あっと言う間に無くなってしまう。ブタさんご免ね、でも美味しかったよ、本当にありがとう!

フィリピン
フィリピンに行ったら一度は食べていただきたい!

 飲み物と言えば、水より先にサンミゲル・ビールだ。しかし、何日かするとちょっと飽きてくるのも事実。そんなときはこれ、レッド・ホース。

 褐色をしており、味も濃い。苦みと甘みが豊かで、バランスが良い。飲み口が柔らかいので、ゴクゴクいけてしまうが、アルコール度数は6.9%と高いので注意が必要だ。

フィリピン
黒ビールほどクセがないので女性にも人気

 フィリピンでは大晦日に花火を上げるので、街では大量の花火が売られる。まるで火薬庫のように、大型の花火が所狭しと並べられている。たとえばロケット花火は、火薬を包む先端部分が矢尻のようになっており、その大きさは大人の拳大もある。花形の打ち上げ花火に至っては、花火師よろしく導火線が付いたソフトボール大の球を筒にセットして使う。現地ではこれらを除夜の鐘のごとく、家々、街々で盛大に打ち上げるのである。

 その迫力に少々圧倒されはしたが、我ら日本人も花火好きである。ある者は夢中になって導火線に火をつけ、またある者はそれを見ながら飲み語らう。いつのまにか集まってきた地元ローカルのBad Boysともすぐに打ち解けて、夜は更けていったのであった。

フィリピン
国境を越えて悪ガキどもは盛り上がった

 さて、最終日のこと。波のサイズは上がり、絶好のサーフィン日和となった。ホテル前のホーム・ポイントでしかサーフィンできていなかったので、この日はピクニックがてら遠征に。チャーター・バスで30分ほどの、セメント・ファクトリーというポイントへ向かった。

 その名のとおりセメント工場の脇にあり、地元の子供達が水遊びをしている以外は、全く無人の海岸だ。誰にも邪魔されずに仲間だけで波乗りするのは、サーファーの夢だ。もちろんみな狂喜してパドルアウトしてゆく。それからの2時間、私達は至福の時を過ごしたのであった。

フィリピン
丘の上からサーファーの楽園を見下ろす

 腹を空かせて海から上がると、現地の友人がランチを用意してくれていた。これまたご馳走の、鶏の丸焼き(レチョン・マノック)だ。空のランチパックに各自が好きなだけ肉とライスを取って、手で豪快に食べるだけ。

 本当に美味しいものは、シンプルに味わうのが一番だ。タマネギ、トマト、香辛料を詰めて、じっくり焼いた鶏は、柔らかく旨みたっぷりだ。誰もいない海岸にパラソルを立てて、さっきまで戯れていた波を見ながら食べるランチは、どんな美食にも劣らない素晴らしい体験であった。

フィリピン
大盛りにしてもすぐ無くなってしまうほど美味

 楽しかった旅も終わりの時がきた。ガイドやドライバー、ローカル達と別れを惜しみつつ、私達はチャーター・バスに乗り、空港へ向かった。幸い、誰一人として怪我もなく、旅を楽しみ尽くした充実感と感謝の気持ちに包まれながら帰路についた。

 早朝のニノイ・アキノ国際空港は、来たときと同じ心地よいカオスで私達を見送ってくれ、トリップは幕を閉じた。どこからか、裡なる少年の声が聞こえたような気がした。「さて、次はどこに行く?」

フィリピン
最高の仲間たちとガイドのレモン、そして抜けるような空の下で割れ続ける波


◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする