トップ >  メイク・マネー >  日本は財政政策をやめて金融政策をやれ(テイラー元財務次官)

日本は財政政策をやめて金融政策をやれ(テイラー元財務次官)

テイラー・ルールに従っていれば金融危機はなかった?

 実際に即した政策金利の誘導目標を求める公式「テイラー・ルール」を提唱するなど、卓越した見識で、元米財務次官(2001~2005年)を務め、9・11同時多発テロ以降は米国の金融政策を取り仕切った。現在は、スタンフォード大学の教授であるジョン・B・テイラー氏がこのたび来日し、東京都内で「脱デフレ処方箋」と題して講演を行った。

 まず、テイラー・ルールの公式は、次のようになる。

「FFレート=現実のインフレ率+実質金利2%+(現実のインフレ率-目的のインフレ率2%)÷2+(現実のGDP-潜在成長率)÷2」

 この公式に当てはめることによって、実勢に即したFFレートが算出される。テイラー教授によると、この計算式で米国は「0」。日本は「マイナス6」になるのだという。

 ◆以下テイラー氏の話


テイラールール
 経済というものは確実ではありませんが、米国は2001年ごろから安定期に入っています。GDP成長率、FFレート、これは中央銀行が正しいことをやり始めたことがその理由です。

 ただ、最近になって乖離(FFレート、GDP)してきているように見えます。住宅バブルが終わって金融危機が来ましたが、もしもテイラー・ルールに従っていればどうだったでしょうか。テイラー・ルールで金利を設定していれば、ブームも小さかったでしょうけど、下落も小さかったのではないでしょうか。

 他の国にも住宅バブルはありました。アイルランド、スペイン、ギリシア…。金融政策はうまくいっていなかったんでしょうか。信じられないようなダメージを受けています。

 日本も大きなリセッションに入っていますね。もっと、量的緩和をすべきではないでしょうか。

 ※図は、テイラー・ルールによるFFレートの誘導(macroblogより)
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする