トップ >  メイク・マネー >  1億円を突破する兼業投資家の投資術

1億円を突破する兼業投資家の投資術

大ヤケドを避ける

 「大相場の後で一旦、売られて反発するのが二番天井です。ここで安心して売る人が多いのです。頭で売りを仕掛けることができればいちばんいいのですが、バイイングクライマックスがどの地点だったか、というのは後になってみないとわかりません。山の左側で売りを仕掛けると、まだそこから上がって含み損を抱えてしまう可能性があります。あとは騰落レシオや、掲示板のコメントなどを参考にすることもあります」

 このあたりは投資家心理を反映しているのだろうか。暴騰、暴落を見て怖くなった投資家が、その反発で少し上がったところで損切りや利確するために「売り」に出るのかもしれない。GSユアサは二番天井の後は、なだらかに下落していく。この方法が有効だということを示すために、もう一例あげておく。それは下のチャートだ。

 2006年から株価が7倍以上になった任天堂だ。2年以上もほとんど右肩上がりの上昇が続き、2007年の暮れから下落に転じた。もしも、山の左側で買っていたとしたらどうなっていたか。いくら資金力があってナンピン売りを入れても、この長期戦ではさすがに気力が参ってしまうだろう。

 だが、落ち着いて見れば、ふみちゃん氏に言うとおり、2008年7月に二番天井となっていることに気がつく。当然ながら仕掛けどころはここだ。その後、株価は約3分の1になった。
任天堂
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする