トップ >  ニュース >  富士通が元社長に反論、法的措置で対抗も

富士通が元社長に反論、法的措置で対抗も

 富士通の野副州旦元社長が地位保全などを求めた件で、富士通は14日、密室で辞任を迫ったという事実はない、とする見解を発表した。また、元社長に対して法的措置も検討していることも示唆し、両者による因縁の前面戦争になる可能性も出てきた。

 野副氏が横浜地裁川崎支部に申し立てていた「取締役の地位保全の仮処分」が、野副氏側から取り下げられた。これを機に、これまで沈黙を守ってきた富士通だったが、今までの経緯と見解を説明した。

 事の経緯は、野副氏がニフティ売却に絡んで取引しようとした企業が社会的にふさわしくないと判断されたために、降板を迫られたというものだ。しかし、当初は辞任の理由を病気のためと虚偽の発表をするなど不可解な部分が多く、上場企業の在り方として問題視されていた。

 さらに、野副氏が今年2月に辞任取り消しを求めると、同社は相談役から解任。その後、野副氏は同社の役員2人に対し、会社に損害を与えたとして損害賠償を求める株主代表訴訟を起こす方針を表明し、事はさらに大きくなっていった。

 だが、野副氏の主張するような密室で辞任を迫ったことはなく、取締役会で決定したとし、またそれら資料について「地位保全の裁判において、証拠として裁判所に提出しています。これらの全てを見て、野副氏の辞任が詐欺や強迫などによるものであったかを判断できる状態でした」としている。

 また、問題の発端となった、野副氏が進めようとしていたニフティ売却については、社内で決定した事項ではなかった、とも反論した。

◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説

日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)

おすすめの記事

クイックアンケート

特集の企画を考えています。貴方が「ゆかしメディア」で読みたいのは? (4)


日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする