トップ >  メイク・マネー >  1億円の1%は100万円、銀行別金利比較

1億円の1%は100万円、銀行別金利比較

金利2.2%の定期預金

 例えば日本振興銀行が2.2%(10年)。対して、三菱東京UFJ銀行は0.55%(最低300万円以上)。これは両社で1%以上の差が生じている。1億円以上を預けるYUCASEE MEDIA(ゆかしメディア)読者なら、100万円以上の差になってしまう。また、新生銀行では、段階的に最終年の10年目に3.0%まで金利がアップしていく「パワーステップアップ預金」というユニークなものまである(年換算で平均は1.92%)。

◆主な高金利預金(大口定期)
○日本振興銀行 2.2%(期間10年)
○オリックス信託銀行 1.5%(同5年)
○スルガ銀行 0.65%(同10年)
○住友SBIネット銀行 0.617%(同3年)  ※3000万円以上
○ソニー銀行 0.91%(同10年)
○ジャパンネット銀行 0.75%(同10年)
○新生銀行「パワーステップアップ預金」 最高3%(平均1.92%、同10年) ※銀行の判断で継続可否が決定される。

 この金利差は単純に運営コストの差と説明するのは、日本振興銀行だ。同社いわく、「このポリシーを実現するためには徹底した経費削減が不可欠。もし銀行が店舗などの設備にお金をかけた場合、その費用は結果的に誰が負担するのでしょうか? →答えはお客様です」と謳っている。ちなみに従業員数を比較してみると、日本振銀は約300人、三菱銀は連結で8万人以上。イーバンク銀行は120人、新生銀行は1840人。たしかに、金利と従業員数は反比例しているのかもしれない。ただし、金利差を比較する時には、本当は「銀行の信用リスク」を勘案しないといけないので注意しよう。


世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする