トップ >  メイク・マネー >  1億円の1%は100万円、銀行別金利比較

1億円の1%は100万円、銀行別金利比較

「元本確保型で年利10%以上」はヘッジファンドなら当たり前


 そこで目が行くのが海外投資。元本確保と年利10%以上というヘッジファンドも海外では当たり前のように存在している。カラクリは簡単。元本確保型ファンドの一般的な仕組みは、元本の確保部分を、預入金の数十%の割合で米国債などの高格付け債券や保証銀行の高格付け債券(割引債やゼロ・クーポン債)で運用。これは満期時にはこの預け金が100%になる。これでまずは元本確保。

 次に、預入金の債権購入資金以外の残りの資金(+借入金)で、幅広く積極的な運用を行い、高いリターンを追求し、期待リターン10%-30%を狙うというもの。

 では、数ある元本確保型のヘッジファンドで、どれがいいのか? さらにもっと範囲を広げて、そもそも数千あるとも言われているヘッジファンドの中でどれを選べばいいのか?。金融後進国と言われる日本ではいまひとつ情報が少ないが、有名なところでは、預かり資産430億ドル規模のマン・インベストメンツ社などがある。これは馴染みのある人も多いだろう。

 ただし、世の中にはもっと高リターン低リスクな元本確保型ヘッジファンドが探せばあったりする。海外投資を専門にする投資顧問アブラハムプライベートバンク株式会社によれば、例えば、マンインベストメンツ社のファンド1つにとっても、日本で販売されている商品はマン社の商品の一部に過ぎず、実は、本国にはもっと良いファンドがあるとのこと。

参考:「マンIP220元本確保型ファンドは買いか?」アブラハムプライベートバンク株式会社

 もし、世界中の投資対象から冷静に自分に相応しいファンドを選びたいと思うなら、ファンド選別を専門にしているアドバイザーに相談してみてはどうだろうか。海外投資に少し不安だという人にも親切に、円建てのファンドなども推奨してもらえる場合もあるようだ。1億円の1%は100万円。10%は1000万円。こんな時代だからこそ、新しい情報を押さえておきたいものだ。


◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする