トップ >  クオリティライフ >  [PR]慶應義塾幼稚舎に受かる理由、落ちる理由

[PR]慶應義塾幼稚舎に受かる理由、落ちる理由

「本物の輝き」を放つ子供を育てる方法

 ジャックが、原石である子供たちを光らせるためにとる、最も有効な方法。それは、ずばり「子供に自信をつけること」だそうです。一見簡単そうですが、親は自分の子供を毎日見ているため、子供のどこがすごいのか、どう成長したのかを客観的に見られません。
 そのため、ちょっと失敗しただけで「こんなこともできないの」とか「あなたにはがっかりした」のようなネガティブな言葉を子供に投げかけます。しかし、それでは子供は「自分はできない子なんだ」と思い込み、いかに資質が素晴らしくても、伸びない原因になるのだそうです。

慶應幼稚舎
 ジャックの教育の基本は、ひたすら自信がつく経験を重ねることで、本物の輝きを放つ子供を育てること。慶應に受かるためには短所は置いておき、長所を伸ばすことだけ考える、という教育法をとります。

 例えば、あるテーマについて1分間しゃべり続けることができれば、「スーパー博士」という称号を与える遊びがあります。子供たちはそれぞれ、みんなの前に出て、自分が調べてきたことを発表するのです。
 ある年長の男の子は、58秒間でビートルズのことを語りました。それが、大人も知らないような人間関係や曲の詳細までを語った素晴らしいスピーチだったため、周囲の親たちも大感動。そのような場合、子供も大人たちも惜しみない賞賛を彼に与え、「いかにあなたはすごいのか」、周囲が気付かせてあげるのだそうです。

 スピーチに限らず、例えば運動だったらとにかく走るのが一番速い、鉄棒ができる、跳び箱が跳べるなど、あらゆることで自信をつけさせます。様々な課題をクリアすることで、裏付けのある自信をつけ、子供の可能性を引き出していくのです。

 また知識ではなく、子供に知恵と発想力をつけるのがジャック流です。慶應にはペーパーテストがないというのもありますが、知識よりも、いかに柔軟な発想力をつけるかに重点が置かれています。何か問題に突き当たった時にそこであきらめてしまうのではなく、ほかに解決方法がないか考える。そして発想を転換することで、自分の手で問題を解決する。そんな子供に育てることを目標にしているのです。

合否に関係なく残るのは、「本物」を知った経験


慶應幼稚舎
 子供が2、3歳の頃から教室に通わせている親は多いですが、慶應幼稚舎の場合、通わせた年数はあまり関係ありません。本当に優秀な子供は、例え1年間しか通わなくても十分光り輝き、突出した魅力をまとって合格していくといいます。
 というと「うちの子供はダメかも」と思う方も多いと思いますが、慶應に受かるということはそれほど大変なことであり、むしろ「受からない方が普通」なのです。

 「倍率が4倍くらいの学校では落ちるのは何らかの理由があります。しかし、慶應に落ちるのに理由はない。合格した子にだけ、受かる理由がある」と大岡氏は語ります。

 では、慶應に受からなかった子供は塾に通った意味がないかというと、決してそうではありません。受験会場から帰ってきた子供たちは、口々に「すごい子たちばかり来ていた」「あの子はこんなにすごかった!」と感想を伝えます。1年間もしくはそれ以上真剣に塾に通い、「本当に頑張るとはどういうことか」「自分を信じるとはどういうことか」を学んできた彼らは、同じレベルにある子供たちがわかります。そして、お互いの中に宿る「本物」を感じ取れるようになっているのです。それは、成功体験を積んだ人にしかわからないもの。

 幼くして質の高い学び方を体験した子供たちは、同世代の何もしない子供たちよりは、一歩も二歩も先を行っています。もし落ちたとしても、子供の中に確実に残る貴重な財産となるのです。

子育てに自分なりの哲学を持つ親が勝つ!

 幼児の受験は「親の受験」とも言われますが、ジャックには保護者向け講座もあります。慶應が第一志望の親の中には、慶應のことしか考えられず、第二志望以下の学校が決められない「慶應病」の人も多いのです。
 そういう親は、慶應に落ちて、初めて第二志望、第三志望を考えることになります。慶應に特別な気持ちを持つことは良いですが、試験直前で振り回される子供はたまったものではありません。「慶應病」にならないために、保護者の考え方をアドバイスし、高い意識を持って受験に臨めるよう、ジャックはサポートしてくれます。

 また、受かる子供の親にも1つの共通項があります。それは「子育てを人任せにしない」ということ。厳しい親、優しい親など子供への接し方は家庭ごとに異なります。しかし優秀な子供の親は、「子育てに自分なりの1つの哲学を持って取り組んでいる」ことが同じなのだそうです。


 ジャックの教育方針は、小学校受験にくくるだけではもったいない、「子育ての本質」を提示しています。幼稚舎受験は、決して宝くじではありません。元々魅力のある子供がジャックなどの塾を通してさらに磨かれて、順当に選ばれていたのです。
 そして、結果も大切ですが、重要なのは受験を通じて、子供が一回りも二回りも大きく成長してくれること。「小学校から嫌でも勉強するのだから、幼稚園では遊ばせてやりたい」という親もいます。ですが、幼稚園だからこそ、その年代でしかできない子供の磨き方もあるのです。
 大切な子供の最初のキャリアとなる、幼稚園受験や小学校受験。あなたはどう選択しますか?

慶應幼稚舎
大岡史直(おおおか ふみただ)
1962年東京都生まれ。立教大学経済学部卒業後、ジャック幼児教育研究所に入所。現在同研究所理事。毎年1000人を超える生徒を有名幼稚園・小学校に合格させるなど抜群の実績を誇る。著書に『子供はなぜ「跳び箱」を跳ばなければならないのか?』(小学館)など。

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

取材元:ジャック幼児教育研究所
URL http://www.jac-youjikyouiku.com/
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする