トップ >  ニュース >  産休したのに年収23億円稼ぐ美女の秘密

産休したのに年収23億円稼ぐ美女の秘密


ジゼル・ブンチェンさん
ジゼル・ブンチェンさん
 2009年で最も稼いだ、スーパーモデル長者番付の1位は今年もジゼル・ブンチェンさん(29)=ブラジル=だった。しかも昨年の後半は産休していたにもかかわらずである。また、2位ハイディ・クルムさん(36)=ドイツ=も昨年後半は産休。産休のワン・ツーフィニッシュとなった。米誌フォーブス調べ。

 「モデル・オブ・ザ・ミレニアム」とも評されるジゼル・ブンチェンさんは今年も危なげなく女王の座を守った。産休しているのになぜ2500万ドル(約23億円)稼げるのか。なぜ1位なのか。それは、ファッション業界の保守的な体質がまず第一にある。と同時に景気の影響もある。

 2009年の契約というは、景気が落ち込んだ2007~2008年に契約を結んでいるために、保守的にならざるを得なかったと言える。そのために「留任」という契約が多く、あまり順位変動もなく、しかも産休には、上位2人の他にも4位アドリアナ・リマさん(28)=ブラジル=も含まれ、地位は安泰だった。逆に言えば、不景気でも切られなかったということは実績を評価されているということでもあるが…。

 また、ジゼルさんたちはビジネスマンとしての側面もあり、自身のブランドも持っており、少し休んだくらいで大きな影響がないという側面もある。

 目立った新しい顔としては、9位のミランダ・カーさん(27)。豪州出身のスーパーモデルでは人気ナンバー1で、投資銀行マンが勤務中に彼女のグラビアを見たとして(実際は同僚のいたずら)解雇騒動にもなったほど。現在は、高級ランジェリーのヴィクトリアズシークレットの看板モデルでもあり、世界中で人気急上昇中だ。

 ◆スーパーモデル長者番付(敬称略)
1位 ジゼル・ブンチェン   2500万ドル
2位 ハイディ・クルム    1600万ドル
3位 ケイト・モス      900万ドル
4位 アドリアナ・リマ    750万ドル
5位 ドウツェン・クロース  600万ドル
6位 アレッサンドラ・アンブロシオ 550万ドル
6位 ナターリャ・ボディアノヴァ 550万ドル
8位 ダリア・ウェーボウィ  450万ドル
9位 ミランダ・カー     400万ドル
10位 カロリン・マーフィー 350万ドル

◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする