トップ >  メイク・マネー >  「口止め料」2億7000万円を蹴った元社長(富士通・野副元社長)

「口止め料」2億7000万円を蹴った元社長(富士通・野副元社長)

取締役会で秋草相談役を追求する

 世界でその名を知られる東証一部上場企業のトップの辞任理由が変更されるという異例の事態。耳を疑った投資家諸氏も多いことだろうが、野副氏はもう一度コーポレートガバナンスを回復させるためにも、復帰したいという。

 ◆以下野副氏の話

 富士通のコーポレートガバナンスは、9月25日においても現在においてもまったく機能していない。18万人の社員、株主をはじめ多くのステークホルダーのためにも、上場企業として早急に会社としてのガバナンスを回復させなければいけないと感じています。

 私は当初は取締役としての地位保全の仮処分を申し立てましたが、当時は十分な準備ができていないので一旦は取り下げました。その代わり、公開質問状による外部調査委員会の設立の要求と、東証の処分の発動要求を行いました。しかし、富士通からも東証からも誠実な対応が行われていない状況です。今は自らの地位保全を申し立て、自らが代表取締役として総会前に何とか復帰して、その責務と任を果たすことが第一義だと考えています。

富士通側は「司法の場での決着を望む」とコメントしており、今回の事件の首謀者を含む取締役の重任議案が株主総会に提出される日も近づいてきたことから、本日、代表取締役の仮処分を申し立てる計画です。

 裁判所で認められた場合には、代表取締役として株主総会までに復帰して、取締役会で事情を説明し、今回の事件の首謀者である人たち、具体的には秋草氏と間塚氏の責任を追及するとともに、外部調査委員会を設立して事件の全容を究明し、社会に対しても説明責任を果たしていきたいと思っています。そして、富士通に健全な企業統治、コーポレートガバナンスのあり方、コンプライアンスを遵守する組織を建て直したいと考えています。

◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする