トップ >  メイク・マネー >  「口止め料」2億7000万円を蹴った元社長(富士通・野副元社長)

「口止め料」2億7000万円を蹴った元社長(富士通・野副元社長)

2億7000万円の口止め料?

 5月12日、横浜地裁に地位保全の仮処分申請を行った富士通元社長の野副州旦氏。6月に行われる富士通の株主総会までに復帰し、「コンプライアンスを遵守する組織を立て直したい」とした。昨年9月に辞任する際には、富士通からは相談役としての身分と10年で2億7000万円の報酬を約束された。しかし、一転して、辞任の理由は「体調」ではなく「反社会勢力との付き合いを疑われた」ためであるとした。「会社に迷惑をかけるなら」と辞任したが、それは会社に仕組まれたものだったとして、富士通という大企業と戦うことを決意した。元社長が、会社を相手に戦う理由、真相を東京都内で会見し語った。

 ◆以下野副氏の話

 まず、わたしが辞任に至った経緯をご説明します。2009年9月25日、午前9時から取締役会が開かれる予定だったのですが、私は8時30分に特定のメンバーに呼ばれました。

 メンバーは次の6人でした。大浦溥社外取締役、秋草直之取締役相談役、間塚道義会長、山本卓眞顧問、安井三也法務本部長、山室惠監査役で、特に山室監査役は著名な元刑事裁判官です。

 この山室社外監査役から尋問が始まるという形でこの会議が始まりました。この監査役と社外取締役たちは、私と付き合いがあった人物の後ろにファンドがあって、「そのファンドが反社会的勢力とのつながりがある」と断定しました。そして、「このことが明るみに出ると、富士通が上場廃止になる。金融機関が引き上げて倒産するリスクさえありうる」としました。具体的な指摘の例として「警視庁の情報では、このファンドは○○組と関係している」と言われました。

 「不祥事で社長が辞任したということは公表したくない、あくまで辞任の理由は病気とする」「この話を偽装と思われないようにしばらく入院してほしい」「今後、相談役として10年間で約2億7000万円の支払いを行う」「このことはすでに取締役会の総意であり、取締役会で承認された中身なので、もし辞任しなければ、その後の取締役会で解任される」という内容でした。

 その時に私は、そんなに大変な社会的リスクが潜んでいるとすれば、なぜ9月25日まで教えてもらえなかったのかと思いました。しかし、会社の立派な先輩たちがそういった作り話をしているとはまったく思わず、私だけが知らないことだったのか。会社のために自分は辞任するしかないとパニック状態で受け入れてしまいました。
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする