トップ >  クオリティライフ >  金融危機も影響なし? 欧米富裕層が好むワイン投資の魅力【2】

金融危機も影響なし? 欧米富裕層が好むワイン投資の魅力【2】

ワイン投資のメリットとデメリット

 前回の記事でワイン投資の概要を紹介しましたが(金融危機も影響なし? 欧米富裕層が好むワイン投資の魅力【1】)、では、ワイン投資のメリットとデメリットとは何なのでしょうか。

 ワイン投資の大きなメリットとしては、ワインは年数を経て熟成するほどに味が深みを増し価値が高まり、値下がりしないということがあります。プリムールで買い付けた樽のワインが思ったように魅力が開花しなかった、1年後に予想より良くない出来になったということはあり得ますが、一度瓶詰めされて一定の価値を定められたワインは、その後価値が下がることはありません。金融商品と異なり現物があるため、最悪でも価値がゼロになることはないという安心感があります。

 また各シャトーのワイン生産量は毎年一定数に限られているため、年数が経てば経つほど、市場に出回るワインの本数は減少します。当然それに伴い価格は上昇し、数十年の熟成を経たプレミアムワインと呼ばれる希少ワインは高額取引され、オークションで数百万円で落札されることもあります。

 近年香港のワインオークションが大盛況ですが、これは中国の富裕層がワインを投資先の1つとして認知するようになったためです。2009年のサザビーズ香港オークションのワイン総売上は、1430万ドル(約12億7000万円)でニューヨークの1270万ドルを上回りました。昨年10月に香港で開催されたオークションでは、1982年のシャトー・ペトリュスが9万3077ドル(約860万円)で落札されています。

 もう1つのメリットは、他の投資とは異なり経済との連動性が低く、景気に左右されにくいということです。世界的金融危機の最中に多くの金融資産は打撃を受けましたが、ワインは最小限の影響しか受けませんでした。例え現在不況だったとしても、数年・数十年経つうちに、また好景気が巡ってきます。それまでワインを熟成させてタイミングを見て販売すればよく、長期にわたって育てる安定した投資先と言えます。

 では、ワイン投資のデメリットは何でしょうか。
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする