トップ >  ニュース >  中国で「ニンニク長者」続出中

中国で「ニンニク長者」続出中

 中国最大のニンニクの産地山東省済寧市金郷県では、去年からのニンニクの高騰で、大金を手に入れた人が続出している。「ニンニク長者」の中には、1億円以上荒稼ぎした人もいるという。今、金郷では一日のうちにマイカーが40台も売れる。しかも、現金での一括払いだ。

 中国では去年からニンニクの値段が高騰し続けている。500グラムあたり0.04元(約0.5円)だった卸値が4元(約54円)と100倍も値を上げた。最も高い時は6元(約82円)にまで釣り上り、中国の消費者は豚肉よりも高くなったと音を上げている。

 ニンニク値上がりの原因は、金融危機にある。この影響で価格が暴落し農家は作付けを減らしたのだ。これに追い打ちをかけるように、天候不順で収穫自体も減少。しかし、鳥インフルエンザ対策に有効とのうわさが広がり、需要が一気に高まったという。

 さらに、ほかの地域で株や不動産の取引で大儲けした商人たちが、次の投資対象としてニンニクに目を付けた。農家から大量にニンニクを買い占めた後、これを冷凍保存しておき値段を釣り上げるのを待って転売しているのだ。ある商売人は去年8000万元分(約10億4000万円)を買い占め、冷凍保存しておいたという。その当時の価格は500グラムあたり1.5元(約19円)だったから、4元で売り出したとすれば、1億円以上を手にした計算になる。

 また、農民のニンニク畑ごと管理を始める商人も現れた。始め、1畝あたりの値段は2800元だったが、今では最高で5000元、平均でも4000元にまで値上がりした。こうした畑は、金郷県全体の畑のうち10%から15%を占める。

 ニンニクバブルに沸く中国だが、同じように最近、「緑豆」も値上がりが続いているという。緑豆といえば、日本のスーパーで安売りされている “もやし”の原料。中国の野菜バブルは、日本にも影響を及ぼしそうだ。

◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説

日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)

日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする