トップ >  メイク・マネー >  日本社会でアーリーリタイアできない理由

日本社会でアーリーリタイアできない理由

格差がなさすぎる日本社会


田中伸一
田中伸一氏(右から3人目)
 「ムカつくんですけど・・・」

 52歳で引退した田中さんを羨ましがって時々、面と向かって冗談交じりに、こういう風に「本音」を面と向かって話す人もいるのだという。そんなに羨ましいのに、なぜ自分は実行しようとしないのだろうか。そこには理由が存在する。田中さんは次のように分析した。

 ◆以下、田中氏の話

 まず日本では、誰もが何の疑問も持たずに定年退職まで大過なく働くことを前提にしています。一般的に給与体系は緩やかな上昇賃金カーブで、後払い賃金的な退職金は永年勤続者に厚い企業が多いと思います。しかし、これではアーリーリタイアメントすることは難しいと言わざるを得ないでしょう。

 しかも、年功序列的な評価が横行しているので、成果や実績に対する格差が少ないのではないでしょうか。格差社会だという方もいらっしゃいますが、欧米に比べたら極めて悪平等が横行していると思っています。例えばアメリカのCEOは、一般労働者の数百倍の年俸を貰っています。日本の平均賃金を300万円としても数億円にあたります。年俸はマーケットバリューですから、もっと格差をつけて年収1億円の方が居出ても不思議ではないでしょうね。

 差を付けることで、ワークライフバランスの手段も増えると思います。毎日を自由に暮らし休みもたっぷり取るけれども年俸が少ないタイプ。個人の趣味よりも困難なビジネスで成果を上げることを優先し、アーリーリタイアを目指すタイプ。

 例えば引退する時に、金融資産や不動産などを合わせて2億円あったとしましょう。1年の生活費を500万円とするならば、年金を無視しても40年間の生活費を賄うことができます。500万円の生活費が低いと思われるかもしれませんが、70歳を過ぎたら、そんなには使えないだろうし…。微々たる額でしょうが利息や年金もありますし、私には教育費や住居費がある訳でもないので充分な金額です。必要な金額は、人それぞれでしょう。
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする