トップ >  ニュース >  1泊320万円、ニューヨーク最高額のスイートルーム

1泊320万円、ニューヨーク最高額のスイートルーム

 米ニューヨークで最も高額なホテルの部屋は、マンハッタンのフォーシーズンズ・ホテル・ニューヨークにある1泊3万5000ドル(約320万円)のスイートルーム、「タイワーナーペントハウス」だという。これは米国一高額なラスベガスの「パームズ・カジノ・リゾート」のスイートの4万ドル(約365万円)に次ぐ、米国で2番目に高価な部屋だ。

 タイワーナーペントハウスは4300平方フィートの広さがあり、全9部屋。ホテルの最上階の52階に位置し、部屋に直結する専用エレベーターがある。設計・デザインはフォーシーズンズ・ホテル・ニューヨークのオーナーであるタイ・ワーナー氏と、シャネル銀座ビルディングを設計した建築家ピーター・マリーノ氏、ルーヴル美術館のガラスピラミッドを設計した建築家イオ・ミン・ペイ氏の3人が共同で手がけた。計画してから完成まで、7年間もかかったという。

 すべての部屋には巨大な出窓があり、エンパイア・ステート・ビルディングや自由の女神を含む、マンハッタン全体を360度見渡すことができる。天井の高さは最高7.6メートルと開放感抜群で、リビングには高さ1.2メートルの巨大なガラスのシャンデリア。セントラルパークを見下ろすバルコニーつき浴室のほか、プライベート・スパルームもある。ベッドルームにはタイの天蓋つきベッドが設置され、手織りのタイ・シルクのベッドカバーには22カラットの金糸を使用。設備の消耗を防ぐために、このスイートは一度に入る人数を10人までに制限しているという。

 宿泊者は外出の際、ロールスロイスかマイバッハのどちらかの車を利用でき、もちろん専属運転手つき。24時間専属の執事のほか、パーソナル・トレーナーやセラピストもつく。ホテルスタッフは顧客に関する情報を事前に収集し、チェックイン前に彼らの好みを完全に把握。顧客の仕事内容から好みのトイレットペーパーのブランドまであらゆる情報が蓄積されている。

 タイワーナーペントハウスの稼働率は25%と低いが、値下げすることは決してないそうだ。

◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説

日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)

おすすめの記事

クイックアンケート

特集の企画を考えています。貴方が「ゆかしメディア」で読みたいのは? (4)


日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする