トップ >  メイク・マネー >  中国の大富豪がいまさら古典を学ぶのはなぜか?

中国の大富豪がいまさら古典を学ぶのはなぜか?

財産は死後には持っていけない

 講義は午後3時から始まる。南氏は登壇すると「国家の発展は今後どうなるのか」「いわゆる学問はどこにあるのか?」「個人の将来はどうなるのか」といった問題を解決するために、『中庸』と『庄子』について講義する。

 講義では、まず富豪たちが『中庸』の中の一段落を音読し、そのあと南氏が解説を加える、という形で進んだ。

 「リーダーや社長は、その組織で働く人たちの好みを知っておかなくてはいけません。そして、自分をいかに修正するかについて理解しておく必要があります…」こうして約1時間の講義が終わると休憩時間。休憩室でお茶を飲んだり煙草を吸ったりしているが、大多数の富豪たちは堂内の書店へ。ここでは、南氏の著書を手にすることができるからだ。

 休憩後、今度は『庄子』の講義が始まった。テーマな様々な議論を呼びそうな「財産を海外に移すことについて」。南氏が90年余りの人生から導き出した答えは「多くの財産は死後の世界には持っていけず、最終的には自分のものにはならないのだ」というもの。この答えを聞いた富豪の中からは笑い声が漏れていた。
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする