トップ >  メイク・マネー >  中国の大富豪がいまさら古典を学ぶのはなぜか?

中国の大富豪がいまさら古典を学ぶのはなぜか?

中国全土から大富豪が集まる秘密の塾

 お金持ちが抱く不安とはどういうものだろう?

 例えば、“財産を海外に移して利害があるかどうか?”“いかにして従業員の教育を行うのか?”ということかもしれない。果たして中国古典の中にはこうした不安に対する答えがあるのか、微妙ではある。しかし今、中国の大富豪たちの間では「古典を学ぶ」ことに多くの関心が集まっている。

 中国五大湖の一つ「太湖」に面する蘇州省呉江市。ここには中国各地から大富豪たちが古典を学びにやってくる“太湖大学堂”という私塾がある。門前に並ぶのは、みな高級車。私塾には様々な取り決めがあり、車を降りる前に注意事項が重々しく読み上げられる。

 「撮影、録音は不可。先生が登壇しても失礼にあたるため拍手をしてはいけない。また先生と記念撮影をしないこと…」

 太湖大学堂は、一般公開されておらず、個人の応募も受け付けていない。お金さえ払えば良いというわけではないが、塾で学ぶ人たちは超セレブ揃い。億万長者ランキングの10位以内に入っている富豪、有名な上場企業の社長、不動産大手の経営者、良く知られた家族企業の後継者ら。

 この私塾で古典の講義を行うのは「大先生」と呼ばれる92歳の老人。名を南懐瑾(なん かいきん)という。南氏が行う授業はどういった内容なのだろうか?
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする