トップ >  ニュース >  金相場上昇はさらなる高騰の序章か否か

金相場上昇はさらなる高騰の序章か否か


金
 1オンス1258.3ドル。金相場が連日最高値を更新する中で、投資家の間では「まだまだ騰がる」という見方がある一方で、「金バブルもそろそろだ」という見方も出ている。今後はどうなっていくのだろうか。

 米投資専門紙のバロンズに次のような金に関するコラムが先日紹介された。筆者はファースト・ミシガン銀行のチーフ・インベストメント・ストラテジストであるチャールズ・ウィギンズ氏。

 「投資家は流行を追うものであり、資金が集まるところに自分も投資しようとする。分別のある資金が投入されている場所は避けたがる。オーストリア学派の極めて重要な見解によれば、投資家は同時に誤りを犯すものであり、従って、全員一致は危険な兆候だ」

 その投資家全員一致という現象の過去の事例を次のように挙げた。

◆1950年代=電子技術から脱出することが肝心だった
◆1960年代=レストランチェーン
◆1970年代=優良株と債券
◆1980年代=エネルギーとバイオテクノロジー
◆1990年代=日本とインターネット
◆2000年代=不動産と住宅建設

 バブルとなり、そして泡はいつか弾けていく。それが2010年代は何になるのか。コモディティ? エネルギー? 金? ただ、こればかりは後世にならなければわからない。

 週刊誌やスポーツ新聞でも取り上げられるようになり、書店の店頭にも投資関連の本が並ぶようになれば、手じまいの時期。よくそう言われることが多い。現在、金投資も雑誌類、テレビCMなども多く見かける。

 ただし、世界的に国家財政への信頼が揺らいでいることも事実。個人投資家が安全資産の金に資金を移すのは仕方がないことかもしれない。また、機関投資家の間でも、ヘッジファンド界の帝王ジョン・ポールソン氏、ジョージ・ソロス氏はともに金鉱株、金ETFなどに多額の資金を投資しているという現状もある。

 1オンス1258.3ドルという先物価格が、フェアバリューなのかどうか。もしかすると、バロンズのコラムにあった「危険な全員一致」なのか。あるいは、さらなる高騰劇の序章にすぎないのか。個人投資家は、それを冷静に見極める必要がある。

◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする