トップ >  メイク・マネー >  それでも貴方はサラリーマン大家になりますか?

それでも貴方はサラリーマン大家になりますか?

一時期流行ったサラリーマン大家、今もなれるのか?

 ここ数年にわたり、サラリーマン大家と呼ばれる兼業不動産投資家が多く誕生しました。ただし、金融機関の融資環境は常に同じではありません。現在は、誰でもというわけにはいかないのが現状です。では、実際の所はどうなのでしょうか。


 答えは「可能」です。投資をするだけの余力があり、その上で融資を受けることができたならば、物件を取得することはできます。しかし、念願のサラリーマン大家になったものの、そこから躓く不動産投資家もいるといいます。


これまでに数多くのサラリーマン投資家の誕生をサポートしてきた、エーキャストパートナーズ株式会社の根布社長が、そう指摘します。

 次に、失敗した例を見ることにします。

年収2000万円でも不動産投資に失敗

 3億円の収益物件を取得した年収2000万円の会社員男性。その結果として、毎月200万円のキャッシュフローが生まれたのです。自身の年収を超えるキャッシュフローを得たわけですが、ただ、この男性は旅行やショッピングなどに、その資金を充てていました。

 ただし、不動産投資は長期戦。取得した時点がゴールではないのです。毎月のキャッシュを使っていくうちに、ある日、大規模修繕を行う必要が出てきたのです。当然、費用はすぐに充当することができませんでした。

 「毎月、使えるお金が増えると思うようだとダメになります」と根布社長。長期で見れば家賃収入は溜まっていくのですが、取得してからがスタートだということをくれぐれも忘れてはいけません。実際に、こうした失敗例は存在するのです。


無謀かどうか判断できるのが良い不動産業者

 自分がサラリーマン大家になるのがふさわしいのかどうか。決して浅はかな考えでは務まらないことがわかったことでしょう。

 今検討している物件は、あなたにとって無理な投資にならないかどうか。それを見極めることができる不動産業者をパートナーにつけるか否かで、サラリーマン大家として成功するかどうかが決まるといっても過言ではありません。

 エーキャストパートナーズは、最初から物件を勧めることはしていません。成功するために、まずは話し合いを行い、メンバー登録した会員に対して最適な投資プランを立てます。そして、あなたのためには、時には止めることもあります。それも失敗しないためには仕方がないことです。

 それでもサラリーマン大家になりますか? 業者が本気で応えてくれるのは、本気で不動産投資を始めたいと考える方なのです。

それでもサラリーマン大家になりたいなら・・・まずはメンバー登録を ≫


◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

取材元  :A. Cast. Partner’s株式会社
TEL   :03-3574-8611
URL   :http://acast.co.jp/
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする