トップ >  クオリティライフ >  世界的エリート養成校、名門ボーディングスクールへ進学する方法【1】

世界的エリート養成校、名門ボーディングスクールへ進学する方法【1】

ジーロン・グラマー・スクールを選んだ理由

-GGSを選んだのは、その教育レベルの高さが理由ですか?

「はい。幼かったスイスの頃と違って、子供たちが勉学意欲旺盛な伸び盛りの年齢でしたから、教育レベルの高さは不可欠の必須条件でした。学年ごとのカリキュラム内容をチェックするのはもちろん、ハイスクールの卒業生が例年どのような大学に何人くらい進学しているのかという実績や、全国単位の統一試験における在校生のスコア分布なども目安にして、アメリカとヨーロッパそしてオーストラリアから、いくつかの候補をピックアップしました。

その中でGGSに軍配が上がる決め手となったのは、日本から往復する際の移動の利便性でした。スイスのボーディングスクール時代は毎学期の始めと終わりの送り迎えを親がしていましたが、それがかなり負担だったのです。年間6~7回にも及ぶ送り迎えがとても大変だったため、2回目は『日本から直行便が飛んでいて小学生の子供だけで行き来できるエリア』に限定して学校を探しました。教育レベルと地理的条件の双方からアプローチして絞っていったら、GGSがベストだと判断したわけです。」

 具体的には学校選びの過程でGGSと合わせ、スイスの名門ボーディングスクールであるエイグロンカレッジやル・ロゼも視野に入れ検討したり、アメリカのテンスクール(アメリカの名門プレップスクール10校)への進学を念頭にその前段階となるプレ・プレップスクールを見学しに出向いたりもしたそうですが、上記のようなプロセスを経て最終的にGGSに落ち着いたといいます。

「GGSはメルボルン空港から約1時間と近く、日本からメルボルンへは、長距離フライトとはいえ直行便があって途中で飛行機を乗り継ぎしないで行けるところが、10歳そこそこの子供にとってはハードルが低くて安心でした。また当時は将来の子供の進路を英国に求める可能性も考慮していたので、GGSが地元メルボルン大学のみならずオックスフォードをはじめとする英国の大学進学にも有利なブリティッシュスクールであることも魅力だったのです。学校の情報は留学会社を通さず、インターネットや、拙著巻末資料でご紹介した書籍『プレップ・スクール』(田中義郎編著・C.S.L.学習評価研究所発刊)などを使って自力で調べました。」

 日本での知名度はほとんどないものの、世界では屈指の名門校として名を馳せるオーストラリアのボーディングスクール「ジーロン・グラマー・スクール」。 では、この学校のような世界的名門校に進学するためにはどうすればよいのでしょうか。次回はボーディングスクールの入学試験とその際の注意点をみていきます。


※続きはこちら
世界的エリート養成校、名門ボーディングスクールへ進学する方法【2】


◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

【若草まや(わかくさ・まや)】
低年齢留学コラムニスト/医師。東京女子医大卒。2人の幼い娘のために最良の教育を探し求めた結果、世界の名門ボーディングスクールに魅せられ、2001年、娘たちをスイスに留学させる。著書に『5歳6歳スイス留学大作戦 完全版―ボーダレスな世界で生きられる子供たちに』(かんぽう/1260円)がある。

※若草さんへの以前のインタビュー記事はこちら
5歳から始める「スイスのボーディングスクール留学」(前編)
5歳から始める「スイスのボーディングスクール留学」(後編)
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする