トップ >  ニュース >  美女たちによる大富豪争奪戦の怖い内実

美女たちによる大富豪争奪戦の怖い内実

 今、中国では大富豪の“お見合い番組”が人気だが、テレビに顔を出したくない大富豪たちもただ手をこまねいているわけではない。

 先日広東省広州市で「花嫁選抜コンテスト」が行なわれた。18人の大富豪が妻を募集するためのもの。男性の総資産は5000万元(約6億6000万円)以上で、みな18万元(約240万円)参加費を支払っている。一方、今回、広州地区の第一次審査には約1000人の独身女性が応募したが、大多数が「あげまん相」ではないという理由で落選したという。

 花嫁を募集する18人の富豪の平均年齢は38歳。様々な世界で成功したセレブたちで、大部分が個人資産1億元(約13億円)を超える。資産を証明するための証明書類の提出が必要だ。

 広州のある不動産王は44歳のバツイチ。求めるのは「年齢25歳から26歳、身長165センチ以上で、ウエストにくびれのある女性」だという。また深センのある富豪は「専業主婦を探している。恋人になったらすぐにポルシェをプレゼントしたい」と話していた。

 物質的に豊かな生活はそこまで女性を引き付けるものなのだろうか?このコンテストには世界中の女性から応募が殺到し、その数は約5万人。インターネット上や電話での受付で、中には外国籍の華僑もいたという。最年少は18歳、最高で50歳代の女性も応募したが、実際の審査は20歳から30歳の女性に絞られる。女性の参加費は無料だが、その審査は大変厳しいものだ。

 選抜コンテストは第一次から第4次まで行なわれ、一次では容姿や雰囲気、二次では教養、3次では良妻賢母の資質を持っているかを審査。4次では家庭訪問まで行なわれる。

 まずは、広州、深セン、北京、上海で第一次審査が行なわれた。参加女性は、弁護士や通訳、不動産業など各業界から集まった才女ばかり。容姿や心理分析、結婚観などの審査のほか、風水師による人相の審査まで行なわれた。

 香港の有名な風水師によると、頬骨が高く、顎は丸く、鼻が長いことが“あげまん相”の条件だという。このほか、四柱推命による占いも行なわれた。ただ美しければ良いというわけではない。広州で行なわれた審査に参加した約1000人のうち、2次に進めるのは200~300人。これから18の枠をめぐって女性たちの富豪争奪戦が行なわれるが、倍率は3000倍にもなる。

 参加した女性は、玉の輿だけが目的ではないようだ。大学院を卒業し留学の経験もあるエリート女性は、平日は仕事に忙しく、週末も勉強に明け暮れ、求める男性像の理想も高く「人生において大切な結婚についてよく考える時間がなかった」と話す。

 中国古代でも、皇帝が妃を求めて全国の美女を集めたというが、現代は皇帝が“お金持ち”に置き換わったようだ。しかし、ある参加女性は「古代とまったく同じとはいえない。妃選びは強制的だが、現在の私達は選ばれる立場だけれども、付き合って合わなかったら断ることができるから」と話していた。

(写真はイメージ)

◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説

日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)

おすすめの記事

クイックアンケート

特集の企画を考えています。貴方が「ゆかしメディア」で読みたいのは? (2)


日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする