トップ >  クオリティライフ >  世界的エリート養成校、名門ボーディングスクールへ進学する方法【3】

世界的エリート養成校、名門ボーディングスクールへ進学する方法【3】

最初のボーディングスクールはスイスが理想的?

 若草さんによると、ボーディングスクールには、低年齢もしくは初めての留学に向いている学校と、名門大学への進学に直結する超難関校の、2種類があるといいます。

「前者はスイスのボーディングスクールなど、後者は英国のパブリックスクールや米国のテンスクールなどに代表されます。スイスが初心者向けである理由は、ボーディングスクールがインターナショナルスクールを兼ねるという特徴があるからです。長期に渡って海外で教育を受けることを想定なさるのなら、まずそこで幼いうちから語学力と国際性を培っておけば、その後中学校や高校から、世界のトップレベルの大学に多数の卒業生を輩出するようなボーディングスクールへ進学することも容易になります。テンスクールみたいな上位校は、地元のお子さんですらそこに至るのに熾烈な競争の中しのぎを削っています。日本人が参入することは至難の業ですが、幼時期から段階を踏んで準備すれば、遠い夢ではなくなるはずです。」

-低年齢留学では、入学時の語学力は問題にされないのですか?

「5歳や6歳から入れるスイスのボーディングスクールは特にそうです。スイスのボーディングスクールはインターナショナルスクールでもありますから、生徒の大半が異国からの留学生です。成長とともに言語を習得できる年齢であれば、問題にされないことが多いですね。」

名門ボーディングスクールの学費は年間400万円以上

-GGSの学費はオーストラリアでは突出して高いとのことでしたが、年間どの程度かかりましたか? また一般的なボーディングスクールの学費はどうでしょうか。

「学年にもよりますが、GGSの学費は年間45000~50000豪ドルくらいです。加えて、ガーディアンフィーが年間5000~6000豪ドルほどかかります。ガーディアンとは、現地での身元引受人を指します。ブリティッシュスクールでは、留学に際してガーディアンを義務付けている学校が多いです。ボーディグスクールでは、1年に3~4回くらい、学期の途中にタームブレークと呼ばれる休暇が設けられていて、その間は寮に居られません。ガーディアンは、そういう時にホームステイをさせてくれたり、親が出席しなくてはいけない学校行事に代わりに出てくれたりします。ガーディアンになるには一定の条件が決められており、それをクリアした家庭だけがガーディアンに登録できます。ガーディアンは、学校と提携している会社に頼んで紹介してもらいます。

GGSでは、学費とガーディアンフィー以外にコンピューター代やユニフォーム代がさらに加わり、往復の移動費(航空運賃)を含めず1人年間500万円くらい実費がかかります。高額ですが、学費の安さで選んだ学校が経営難に陥って突然の転校を余儀なくされたという失敗談も聞きますし、先生の質などを考慮すれば、一般に名門ボーディングスクールへの留学はこのくらいの金額を覚悟なさるべきでしょう。」
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする