トップ >  クオリティライフ >  世界的エリート養成校、名門ボーディングスクールへ進学する方法【3】

世界的エリート養成校、名門ボーディングスクールへ進学する方法【3】

ボーディングスクールから再びインターナショナルスクールへ

-娘さん2人は何年間GGSに在籍したのですか?

「長女が2年、次女が3年です。もともとは夫の海外赴任をきっかけに、いずれ英国の大学へ進学させるつもりでブリティッシュスクールのGGSへ入学させたのですが、長女が北米の大学に興味を持つようになったため夫の帰任と相前後して日本に帰国し、GGS留学前に一時期通った古巣のインターナショナルスクールへ戻りました。次女はGGSがとてもお気に入りで、長女が帰国する際、自分だけでも残りたいと主張したので、長女より1年長く在籍しましたが、現在は長女と同じく日本国内のインターナショナルスクールに自宅から通っています。

米国のボーディングスクールへ転入させるという道もありましたが、現・在籍校である日本国内のインターナショナルスクールは北米の大学への進学実績が高く、ここで頑張れば志望校に手が届くと思えたのと、スイス時代にボーディングスクールの醍醐味をすでに十分体験していたということもあって、校風をよく知るかつての学校に戻ることにしました。日本のインターナショナルスクールは、ひとたび入ってしまえば後々行き来しやすいという利点があります。」

―レベルが高いインターナショナルスクールならば、米国の大学への進学も問題ないわけですね。

「はい。けれども白状しますと、米国のボーディングスクールへの留学案が立ち消えになった背景には、予定外だった別の事情も関わっています。成長著しい10代の娘たちを手許に置いて学校生活をつぶさに垣間見るのが、この上なく楽しくて、テンスクールなどへ出そうという意気込みが萎えてしまったのです。こんなに可愛くて面白い年代の子どもを、海外に留学させるなんてもったいない! 世のご家庭は、よくこんな年代で手離されるなあ、なんて(笑)。幼少時にボーディングスクール留学を済ませてしまうと、セルフコントロールができる子になって帰ってくるので、あとがとても育てやすいのです。お勉強も自分で計画を立ててやってくれますから、ガミガミお説教する必要がなく、親子関係もすこぶる良好です。今は娘たちと暮らす生活をフルに謳歌しております。先にボーディングありき、で我が家は正解だったとしみじみ思います。」

 低年齢留学はグローバルな学歴を手に入れるためにはよくても、日本に戻ってきた場合に学校の選択肢がないのでは、と不安を抱く人もいます。しかし、インターナショナルスクールは意外に融通がきき、一度籍を得れば、海外に出た後に方針転換して帰ってきても戻りやすいようです。若草家は低年齢留学からスタートしたお蔭で、日本人にとっては難関のインターナショナルスクールを本拠地に定めることができました。子どもを将来どのように育てていくのか、教育方針とルートをはっきり描けているのなら、思い切って幼い頃から海外に出すのも1つの手ではないでしょうか。
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする