トップ >  クオリティライフ >  世界的エリート養成校、名門ボーディングスクールへ進学する方法【3】

世界的エリート養成校、名門ボーディングスクールへ進学する方法【3】

ボーディングスクール人脈に日本人は入れるか?

―日本ではボーディングスクールがどういう学校か、きちんと知っている人は非常に少ないと思います。しかし教育の1つの選択肢として、今後もっと認知度が高まっていくといいですね。

「そうですね。実は、私がボーディングスクール留学に関する情報を積極的に発信しているのは、『自分の子どもがやってみてすごく良かったから』という以外に、もう1つ理由があります。 スイスのボーディングスクールの校長先生が、ある日生徒に向かって、『君たち皆が30年後に集まれば、世界中で、いいことも悪いことも、やる気になれば何でもできるんだよ』とおっしゃいました。このセリフこそが、ボーディングスクールの特殊性を示しています。

ボーディングスクールで培われる絆は、とても固いのです。『同じ釜の飯』を食べた仲間としての結びつきが、後々までずっと残っていきます。 世界の主をなす国々から生徒が集まり『同じ釜の飯』の仲間となって多感な時期を共に過ごした歴史を、欧米のボーディングスクールでは連綿と繰り返してきました。その中に、これまで日本人はあまり混じっていなかった。彼らが仲間として育つ過程に、日本人は関与してこなかったわけです。 実際にその生活を目の当たりにしてみると、『ボーディングスクールの人脈に、もっと日本人が加わらなければ!』という焦燥感が募ります。

『同じ釜の飯』の仲間うちに日本人がコンスタントに少しでも居れば、彼らや、彼らの両親家族にとって、日本や日本人は身近な友人として刷り込まれ、親近感を抱いてもらえるのではないでしょうか? ひいては、国際社会において、日本が存在感や発言力を増す素地へと広がっていきそうな気がして、そういった『ボーディングキッズ』が増えることは、日本が国力を保持する一助となりはしないかと考えています。」

 世界中に散らばる「同じ釜の飯」の仲間たち。世界的名門大学への切符を手に入れるのと同時に、一生涯続く友情まで手に入れることができる―――。実はそれこそが、他の学校にはないボーディングスクール最大の魅力なのかもしれません。

 若草さんは、最後に次のように締めくくりました。

「14歳と15歳になった娘たちのフェースブックを開くと、世界中にいるたくさんのお友達につながっています。これこそが、彼女たちがこれまでの学校生活の半分以上をボーディングスクールで過ごした証であり、今後の人生で彼女たちを助けてくれる宝物となってくれるであろう、と確信しています。」



◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

【若草まや(わかくさ・まや)】
低年齢留学コラムニスト/医師。東京女子医大卒。2人の幼い娘のために最良の教育を探し求めた結果、世界の名門ボーディングスクールに魅せられ、2001年、娘たちをスイスに留学させる。著書に『5歳6歳スイス留学大作戦 完全版―ボーダレスな世界で生きられる子供たちに』(かんぽう/1260円)がある。

※若草さんへの以前のインタビュー記事はこちら
5歳から始める「スイスのボーディングスクール留学」(前編)
5歳から始める「スイスのボーディングスクール留学」(後編)
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする