トップ >  メイク・マネー >  上場企業役員報酬ランキング、7億円社長の素顔

上場企業役員報酬ランキング、7億円社長の素顔

外国人がワン・ツー

 2010年3月期から義務化された、上場企業で1億円超の役員報酬の開示。該当者は総勢で約300人はいると見られるが、有価証券報告書のデータを基に「YUCASEE MEDIA(ゆかしメディア)」は独自に集計しランキングを作成。この手のランキングでは有名な所には、米経済誌フォーブスの長者番付があるが、それとはまったく顔ぶれは異なっている。

 1位は日産自動車のカルロス・ゴーン氏で8億9100万円、2位はソニーのハワード・ストリンガー氏で8億1400万円。発表前の大方の予想通り、フタを開けると、ワン・ツーは結局この2人に決まってしまった。

 そして、日本人でトップは3位に入った、大日本印刷の北島義俊社長で7億8700万円だった。誰もがその名前を知る超優良企業でありながらも、北島氏の存在はノーマークでもあった。少しその素顔を見てみることにする。

 ◆上場企業役員高額報酬ランキング(敬称略)
1位 カルロス・ゴーン    日産自動車会長兼社長 8億9100万円
2位 ハワード・ストリンガー ソニー会長兼社長   8億1400万円
3位 北島義俊        大日本印刷社長    7億8700万円
4位 植村半次郎       東北新社前会長    6億7500万円
5位 アラン・マッケンジー  武田薬品工業前取締役 5億5300万円
6位 金川千尋        信越化学工業会長   5億3500万円
7位 細矢礼二        双葉電子工業前会長  5億1700万円
8位 三津原博        日本調剤社長     4億7700万円
9位 里見治         セガサミー会長兼社長 4億3500万円
10位 古森重隆        富士フィルム社長   3億6100万円
※3億円以上の報酬額の役員について独自まとめ
(11位以下は最終ページで)
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする