トップ >  ニュース >  この3年間で最も株価が上昇した国は?

この3年間で最も株価が上昇した国は?

 2007年のサブプライムショック、2008年のリーマンショック。史上最悪に近い金融危機に見舞われたこの3年間。価格が下落した資産が大半だが、この3年間のリターンに限って言えば、アフリカのチュニジアがベストパフォーマーであることがわかった。

 米ウォール・ストリート・ジャーナルによると、2007年以降に、最高の成績を残しているのはチュニジアだという。同国のインデックスである「チュニンデックス」(45銘柄から構成)は、2007年の高値を81%上回っているという。年初からは15%の上昇だという。

 チュニジアはエネルギーの自給率は100%で、原油、天然ガス、鉱石などが採掘される資源国。ちなみに2007年の市場を上回っているのは、わずか6市場しかないのだという。もちろん、それはみな新興国だ。チュニジア、スリランカ、ベネズエラ、コロンビア、チリ、インドネシア。みな資源が豊富な国ばかりだ。

 エマージング・ポートフォリオ・ファンド・リサーチによると、こうした新興市場へのヘッジファンドからの資金流入は今年上半期に173億ドル(1兆5100億円)、フロンティア市場への流入は7億8000万ドルだったという。

 米NYダウ、日経平均などの先進国の株価はまだ3年前の水準に戻っていない。投資資金の世界の潮流が完全に変化したことを読み取ることができるだろう。今後、特に日本の市場に資金が戻ってくることがあるのかどうか。懐疑的な見通しをしている日本人が大半ではないだろうか。

◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説

日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)

おすすめの記事

クイックアンケート

特集の企画を考えています。貴方が「ゆかしメディア」で読みたいのは? (3)


日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする