トップ >  ニュース >  三共・毒島会長の資産管理会社が10億円所得隠し

三共・毒島会長の資産管理会社が10億円所得隠し

 フォーブスなどの長者番付の常連である、毒島秀行・三共(SANKYO)会長の資産管理会社「マーフコーポレーション」が、東京国税局の税務調査を受け、約10億円の所得隠しを指摘されていたことが分かった。重加算税など追徴税額は約3億円とみられる。

 NHKなどの報道によると、マーフ社は2007年、保有していたパチンコプリペイドカード販売会社の株式をSANKYOの関係者らに廉価で売却し。マーフ社は売却した株を数カ月後に約10億円で買い戻したとされる。国税局は意図的に高値で買い戻すことによって、SANKYO関係者に利益を供与したものと判断したと見られる。

 マーフコーポレーション(東京・巣鴨)は、SANKYOの15.42%の株式を保有する筆頭株主となっている。毒島氏の資産は、フォーブスによると約4300億円とされている。

 こうした管理会社は、個人の資産や会社の資産も移しやすいために、ここを舞台にした申告漏れや所得隠しを指摘された例は、過去にさかのぼっても多い。

 2005年には、ソニー創業者の故盛田昭夫氏の長男が社長を務めていた食品販売会社「レイケイ」(実施的に資産管理会社)が3年間で約230億円の申告漏れを指摘された。

 長男が100%出資の投資会社(オランダ)がF1事業の失敗で、銀行返済資金を貸し付け、子会社整理に伴う損金として計上したが、貸付ではなく贈与と認定された。レイケイは事業失敗の穴埋めで資産を減らし続け、追徴課税を受けた後に解散している。

◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説

日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)

おすすめの記事

クイックアンケート

特集の企画を考えています。貴方が「ゆかしメディア」で読みたいのは? (3)


日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする