トップ >  ニュース >  ゴールドマンのリスク部門分社化は成功するか

ゴールドマンのリスク部門分社化は成功するか

 米ゴールドマン・サックスが、自己勘定取引を制限する新規制「金融規制改革法」への対抗策として、リスク取引部門である自己勘定取引部門を分社化する、という動きが出ている。

 金融危機を招いたきっかけの一つとなったリスクの高い取引を制限するもので、金融機関のリスク取引を規制し、消費者保護の強化を目指すのが目的。

 この法律が成立することを睨んで、今年に入ってからは、投資銀行の優秀なトレーダーがヘッジファンドに移籍を始めるといった動きも出ていた。

 そこで、投資銀行にとって、いずれにせよ考えられる選択肢は、リスク部門を独立させて別会社化するか、あるいは、富裕層顧客向けの運用部門に統合するかだという。

 CNBCの報道によると、資金調達をして年内のスピンオフ化という可能性が濃厚だという。

 投資銀行にとっては、顧客離れが加速しかねない法律。そのために本体から切り離してしまい、何とか規制から免れようという動きだ。こうしたゴールドマンの動きは、他に追随する銀行が次々と出てくるきっかけとなるのではないかと見られる。

◆「ゆかしメディア」は、10,000を超える富裕層向け記事を無料で提供、月間30万人以上にご利用いただいています。なお、純金融資産1億円以上の方は富裕層限定オンラインコミュニティ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会ください(審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説

日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)

おすすめの記事

クイックアンケート

特集の企画を考えています。貴方が「ゆかしメディア」で読みたいのは? (3)


日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする