トップ >  ニュース >  不世出のファンドマネージャー・ドラッケンミラー氏が引退

不世出のファンドマネージャー・ドラッケンミラー氏が引退

 世界有数の名ヘッジファンドマネージャーのスタンレー・ドラッケンミラー氏(57、Stanley Druckenmiller)が、自身が運営するデュケーヌ・キャピタル(Duquesne Capital)を閉鎖し、業界から身を引く意思を表明した。

 米紙NYタイムズによると、投資家に宛てた書簡で、自身のファンドがあまりにも大きくなりすぎ、ここ数年は自身が思うようなリターンを上げることができていない、とその理由を説明していたという。現在は300億ドルを運用している。

 ドラッケンミラー氏は、著名投資家ジョージ・ソロス氏の門を叩き、クォンタムファンドの運用責任者にまで上り詰め、ポンドの投げ売りで莫大な利益をもたらしたことは今や伝説化している。

 ソロス氏にも常に一目置かれ厳しく非難されることも多々あった。「正しいマーケットの見通しを持っていたにもかかわらず、その機会を最大限に利用しなかった時」だという。それはドラッケンミラー氏の相場の読みがあまりにも的確であることを示す逸話でもある。

 30~40%のリターンで満足するのではなく、見通しが正しいのなら100%を目指すのが正しいという。そうした相場観と運用姿勢によって、年率30%以上を達成してきていたが、最近3年間のリターンは30%を達成できていなかったことが、自身のプロ意識として許せなかったようだ。しかも、今年ここまでは初めてマイナスとなっている。

 ドラッケンミラー氏はブルームバーグのインタビューに「この30年間、顧客の資金を運用できたことは、わたしに大きな喜びをもたらしてくれた」と振り返っていた。

 ドラッケンミラー氏はミシガン大学の博士課程を修了前にピッツバーグナショナル銀行から金融マンとしてのキャリアをスタート。1981年にデュケーヌ・キャピタルを設立。88年に、ソロスファンドマネジメント入り。2000年に独立してからも驚異的なパフォーマンスを上げ続けた。
スタンレー・ドラッケンミラー氏(右)
スタンレー・ドラッケンミラー氏(右)

◆「ゆかしメディア」は、10,000を超える富裕層向け記事を無料で提供、月間30万人以上にご利用いただいています。なお、純金融資産1億円以上の方は富裕層限定オンラインコミュニティ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会ください(審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説

日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)

おすすめの記事

クイックアンケート

特集の企画を考えています。貴方が「ゆかしメディア」で読みたいのは? (2)


日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする