トップ >  ニュース >  不世出の天才が選んだ去り際の美学

不世出の天才が選んだ去り際の美学


スタンレー・ドラッケンミラー氏(右)
スタンレー・ドラッケンミラー氏(右)
 2000年4月18日、ある人物の引退が発表された。ソロス・ファンド・マネジメントのクォンタムファンドの運用責任者スタンレー・ドラッケンミラー氏。今や伝説として語り継がれる同ファンドも、一人の男の引退で30億ドルが償還されたほどで、いかに大きな力量であったかを示している。

 そして、2010年8月18日、57歳となったドラッケンミラー氏は、デュケーヌ・キャピタルを閉めてヘッジファンド界からの引退することを発表したのだった。年率平均30%以上のリターンを当たり前と考えているのが同氏。どちらの引退とも、最後の年は奇しくもマイナスの運用になっている。

 クォンタム・ファンドの最終年2000年はマイナス15.50%、デュケーヌは今年ここまで年初来でマイナス5%となっている。リーマンショックの2008年でさえプラス11%という驚異的なパフォーマンスを上げているだけに、投資家にとっては残念でならない。

 また、ヘッジファンドマネージャーの報酬ランキングでは、ソロス氏の下にいた時代には1995年、2000年にともに報酬ランキング2位となっている。最近では2008年に8位に入っていた。

 投資家に宛てた書簡では、次のような言葉があった。

 「投資家の方々は、わたしのパフォーマンスには満足だったかもしれないが、わたしは自分自身にに課している基準に満たなかったことが大いに不満だ」

 不世出の天才が選んだ去り際の美学。そこは我々、凡人が推し量ることはできない領域だ。しかし、ドラッケンミラー氏の名前は今後も、金融業界で記録にも記憶にも残っていくことだろう。

 ◆参考、ドラッケンミラー氏在籍時のクォンタムファンド(ネットパフォーマンス)
1989年 31.60%
1990年 29.60%
1991年 53.40%
1992年 68.60%
1993年 63.20%
1994年  3.90%
1995年 39.00%
1996年  1.50%
1997年 17.10%
1998年 12.40%
1999年 35.00%
2000年 ―15.50%

◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする