トップ >  メイク・マネー >  ホリエモン、もし事件がなければどこまで上り詰めていたか?

ホリエモン、もし事件がなければどこまで上り詰めていたか?

金融庁的には「課徴金制度で済ませたい?」


 ―約50億円のライブアに比べて、約190億円の日興証券の方が粉飾額が大きかったため国策捜査とも言われています。自分の場合だけが国策捜査だったと思いますか?
 「まぁ決めるのは向こう(検察庁)なんで。ビックカメラのほうがもっと粉飾は大きいですけどね。新井(隆二ビックカメラ創業者)さんはよくわかっていたと思うんで。今は粉飾では大きな事件になりませんよ。課徴金制度(※欄外に語句説明)ができたのが大きいと思う(施行は2005年4月から)。僕らの事件は2004年だったけど、今はたぶん課徴金制度ができたから、それで済ませようという流れが大きくなった。

 だって、何でもかんでも検察庁が入っちゃうとたいへんだし影響が大きい。市場が大混乱しちゃうし、みんな損しちゃうから、課徴金で済ませたい、と金融庁的には考えているんじゃないかな。法務省と金融庁が別の役所なんで、金融行政的には何でもかんでも検察庁が入ると困るから、そのために課徴金制度が作られたんじゃないかと思う」


 ※課徴金制度とは、証券市場への信頼を害する違法行為などに対して、2005年4月から導入された、行政措置として違反者に対して金銭的負担を課す制度のこと。
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする