トップ >  クオリティライフ >  駒場東邦から慶應医学部に合格した家庭の食卓 頭のよい子が育つ食卓【5】

駒場東邦から慶應医学部に合格した家庭の食卓 頭のよい子が育つ食卓【5】

◆武田亮さん(仮名)
駒場東邦中・高卒 慶應義塾大学医学部 4人家族(父:商社勤務 母:ピアノ教師)


 有名小学校、中学校を経て慶應義塾大学に入学した大学生200名の、キッチンや食卓にまつわるエピソード、アンケート調査などをまとめた『頭のよい子が育つ食卓』(朝日新聞出版)からご紹介する5回目は、慶應義塾大学医学部に合格した武田亮さん(仮名)の食卓です。

 ◇◇◇


 「おいしいおやつ」で子どもとの会話を増やす

 ほかの多くのご家庭と同様、武田家の父も仕事が忙しく、特に子どもが小さいころは家族の夕食時間までに帰宅できることはまれでした。母は、家族のために一生懸命働いている父のために、家に帰るのが楽しみになるような「工夫」はできないかと考えました。

 そこで生まれたのが「コーヒータイム」の習慣です。

 「亮が3歳ぐらいのころから始めた習慣です。今では子どもたちも実習や部活で帰りが遅いので、全員が揃わないこともありますが、20年近く、ほとんど毎日続けています」

 子どもたちが小さかったころの武田家では、先に母と子供3人で夕食を済ませてしまいます。母は後片付けや家事、子どもたちはテレビを見たり、宿題をしたりしているうちに、父が帰宅。父の夕食が終ると、家族全員が食卓に集合、夜9時半~10時ころから「コーヒータイム」が始まります。

 「駄菓子ではなく、おまんじゅうやケーキなど“ちょっとおいしいおやつ”を出すようにしました。子どもたちはそれが楽しみで集まってきて、ま、“餌付け”みたいなものですね(笑い)」

 コーヒータイムでは、それぞれがその日にあったことを報告したりと、みんなよくしゃべるのだとか。最近では、亮さんの友人が遊びに来ていると、一緒にコーヒータイムに参加するそうですが、「こんなに子どもとよく話している父親は珍しいんじゃないか」と言われたそうです。

 多くの父親は忙しい日々を過ごしており、平日は特に子どもとすれ違いになり、毎日ほとんど会話をしていないという状態になりがちです。それが武田家では、母の工夫で毎日のだんらんが実現しているのです。
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする