トップ >  クオリティライフ >  駒場東邦から慶應医学部に合格した家庭の食卓【2】 頭のよい子が育つ食卓【6】

駒場東邦から慶應医学部に合格した家庭の食卓【2】 頭のよい子が育つ食卓【6】

武田亮さん(仮名) 駒場東邦中・高卒 慶應義塾大学医学部 4人家族(父:商社勤務 母:ピアノ教師)


慶應大学
 有名小学校、中学校を経て慶應義塾大学に入学した大学生200名の、キッチンや食卓にまつわるエピソード、アンケート調査などをまとめた『頭のよい子が育つ食卓』(朝日新聞出版)からご紹介する4回目は、慶應義塾大学医学部に合格した武田亮さん(仮名)の食卓その2です。

 母親は亮さんが中学受験の時に、特に食卓の役割を強く意識したそうです。食卓は、過酷な勉強の合間の、貴重な息抜きの時間であり、母の応援の気持ちを伝える場でもあるからです。

「受験は小さい子どもにとって、精神的にも体力的にも大変なこと。ちゃんと栄養バランスの取れた食事をとらせて、健康管理にも気をつけてあげないと、とても持たないだろうと思ったんです」

 健康管理に加え、家でしっかり食べさせておかないと、結局、スナック菓子やファストフードを買い食いするようになり、食生活が乱れてしまうのではないか、という心配もあったそうです。

 食事では特に野菜をたくさん食べさせるようにしました。ともに九州出身の父と母の郷土料理『がめ煮』(筑前煮。後ページにレシピ紹介)もよく登場しました。繊維が豊富な野菜も多く、お通じにもよいと、試験の三日前になると、必ずがめ煮を食べさせたそうです。

 武田家の朝食もしっかりと食べさせていました。子どもたちから「パンはすぐにお腹がすくからご飯がいい」と言われていたこともあり、メニューは毎日和食。ご飯たっぷりで、納豆や魚、野菜、果物もついた、豪華な朝食でした。

 母は栄養バランスに気をつけてあげるだけでなく、大きくなってから自分で健康管理できるように、食卓に並べる料理は、どんな材料を使っているのかできるだけ説明していたそうです。そのおかげで、武田家の子どもたちは、毎日の食事で、肉魚、野菜のバランスを気にするようになり、「外食すると、しきりに“野菜が足りない”と言うようになりました」
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする