トップ >  YUCASEE コラムニスト >  世界遺産を巡るお薦めコースと旅の情報 >  列車でイタリアの世界遺産を巡る旅【1】 ラヴェンナのモザイク装飾画

列車でイタリアの世界遺産を巡る旅【1】 ラヴェンナのモザイク装飾画

MR.世界遺産
MR.世界遺産
世界遺産巡りを趣味とするIT企業の会長です。出張や観光で海外の遺跡を数多く見てきましたが、中世ヨーロッパの石の建造物に魂を揺さぶられるような感動を受けることがあり、今は世界遺産を中心に旅をしています。既に世界遺産936件中、154件を訪問しましたが、うち126件がヨーロッパです。今後も旅を続け、世界遺産の魅力をお伝えできればと思います。

9月16日、木曜日、晴れ、
気温は24度~27度、湿度は40%台。

JALの直行便で、昨夜ミラノに到着した。
JALのミラノ線とローマ線は9月末での廃止が決まっており、寂しい限りだ。

午前中にミラノからボローニャに移動し(特急で1時間5分)
ホテルにスーツケースを預けて、すぐラヴェンナへ向かった(1時間30分)

最初に6世紀建造のサン・ヴィターレ教会を訪れた。
入り口を入るとこの光景が見える。

ラヴェンナ

ラヴェンナは5世紀に西ローマ帝国の首都となり、繁栄したが、その時代に多くの聖堂や霊廟が建てられた。近くで見た祭壇正面のモザイク像 。

ラヴェンナ

「ユスティニアヌス帝が宮廷人を従えた図」
ただただ感動、言葉も出ない。

ラヴェンナ

金色のバックに鮮やかなコントラストが美しい
「テオドラ妃と随臣・侍女たちの図」

ラヴェンナ

真下から天井を見上げ撮影した。
まさにイナバウアー。
天井も見事にモザイクで装飾されている。

ラヴェンナ


こちらは隣のガッラ・プラチーディアの廟。
小さな建物でフラッシュが禁止されており、シャッター速度1秒の暗闇モードでなんとか撮ることができた。

ラヴェンナ

再びイナバウアー、満天の星を思わせる深い青に金色の石片が埋められている。

ラヴェンナ

最後にネオニアーノ洗礼堂、やはり5世紀の建物で、ここのモザイクは色彩が大胆で構図も洗練されている。

ラヴェンナ

どれも素晴らしいモザイク装飾だった。
1500年も前に、こんなに美しいモザイク画が、創られたと思うと、じっと見ていても飽きない。

ダンテが訪れて「色彩のシンフォニー」と評し、絶賛したのも、分かるような気がする。

また、この街は殆どのイタリア・ツアーのコースに入ってないが、訪れる価値は十分にあると思う。

「ラヴェンナの初期キリスト教建造物」は1996年にユネスコの世界遺産に指定された。

◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする