トップ >  メイク・マネー >  スペインの現代アートシーンが国際的にも脚光浴びる 

スペインの現代アートシーンが国際的にも脚光浴びる 

世界33カ国のギャラリーが参加

 2008年2月13日~18日にかけて、第27回マドリッド・コンテンポラリー・アートフェア=ARCOが開催された。

 ARCOは27回目と言う長い歴史を誇っているにも関わらず、長らく「ローカルなアートフェア」との烙印を甘受し続けていた。が、グローバル・アート・マーケットにおけるポスト・ウォー&コンテンポラリー・アート優勢の傾向(印象派や20世紀モダンアートに対比して)がそのままスペインのアート・シーンにも伝播していることともあいまって、より、インターナショナルなアートフェアに変貌を遂げている。その証拠として今回のARCOには世界33カ国から 224もの一流ギャラリーが参加し、ドイツ37ギャラリー、米国26ギャラリー、新規出店76ギャラリー中69がスペイン国外と、出展者、来場者ともに非スペイン・ポルトガル語圏のウェイトの高い会場構成を形成していた。
スペイン現代アート

ロシアからも話題作が出展


スペイン現代アート
Blue Noses
Era of Mercy(2005年)
 モスクワのゲルマン・ギャラリーが出展した挑発的なデュオ作家ブルー・ノーゼズの作品『Era of Mercy(2005年)』は、二人のロシア人警官がキスしている作品で「ロシアを冒涜する」としてロシア文化大臣アレクサンダー・ソコロフ氏が昨年パリでの展示を禁止したことで有名になった作品である。
 
 イタリアの巨匠ルーチョ・フォンタナの『Concetto Spazziale』シリーズの1962年作品が200万ユーロで展示販売されていた。AIBが2007年10月に会員向けに58",000ドルで推奨したロシア人グループAES+Fの作品『The Last Riot 2』シリーズのパノラマ写真作品は、既に150,"000ドルの値段で扱われていた。
スペイン現代アート
AES+F The Last Riot 2 Panorama#2(2007年)

最高額は37億円


スペイン現代アート
Francis Bacon
Man at Washibasin
(1989~1990年)
 会場で最も注目を浴びていた作品の一つが、マルボロー・マドリッド・ギャラリーが展示販売していたフランシス・ベーコンの作品『Man at Washibasin』(1989~1990年)で、実に2",320万ユーロ(邦貨換算37億円)の値段が付けられていた。この作品が、会場内で最も高額な作品であることに間違いは無い。
 
 国際性が増したとは言うものの、スペイン・ポルトガル語圏の活気ある作品群はまだARCOのメイン・アトラクションである。ブラジル生まれのアーチスト Vik Munizの新作『WWW, Picture of Junk』(2008年)は、古いコンピューター機器から作られた世界地図のデジタル・プリントで、多くの観覧者の関心を集めていた。(110,000ドル)
 
 2月15日付ブルンバーグ・ニュースによると、来場者の多くがARCOのセールスを楽しんでいると言い、出展作品の約3分の2は5~30万ユーロの作品と見積もられている。

◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする