トップ >  メイク・マネー >  大阪No.1ホステス決定戦「北新地クイーン」を今年開催しない事情

大阪No.1ホステス決定戦「北新地クイーン」を今年開催しない事情

「キャバクラまがい」のクイーンが誕生してしまう?

 「初回は、審査員の投票だったが、2回目は、最終のイベント会場の来場者にも投票権を与えたため、会場動員が多いクラブが有利だった。初代、2代目は、老舗クラブから誕生しているが、2回目のやり方を続けると、動員力のあるクラブが有利になる。となると、キャバクラまがいの新興勢力からクイーンが誕生するようになったかもしれない」

 コンテストは、1年休み、やり方を考え直す必要もあったようだ。

 初代北新地クイーンは、2008年11月に誕生した。ANAクラウンプラザホテル大阪(大阪市北区)で開催された「ようこそ! 北新地」イベントの目玉行事だった。

 このときの選考の手順はこう。北新地に勤める若手ホステス34人が応募、書類審査と2次面接を実施した。イベント当日は、最終選考に残った16人が着物姿で登壇し、実行委員7人の事前投票とゲスト審査員30人の合計得点で集計が行われた。

 この結果、初代クイーンには「倶楽部うえだ」のまり子さん、準クイーンには2人が選ばれた。

 一方、2009年11月に実施された2回目の応募総数は、18人と少なかった。北新地社交料飲協会では、「初代が話題となり、『レベルが高い』と思われたことが原因だ」と分析した。


「わが北新地」
「わが北新地」より
 10月下旬に行われた13人の審査員による面接審査の得点と、イベント当日に集まった1000人を超える来場者のうち、500人にも投票権を与えた。

 2代目クイーンに選ばれたのは「クラブ石川」のあや子さん。準クイーンには3人が選ばれた。

 このとき、クイーン、準クイーンらが「この後、どうぞお店へお越しください」と壇上から呼びかけた。この思わぬ一言が、のちに大きなトラブルを引き起こすのだった。
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする