トップ >  ニュース >  薬物スキャンダル後に、年収が5億円に倍増した秘密

薬物スキャンダル後に、年収が5億円に倍増した秘密

 スーパーモデルのケイト・モスさんが、コカイン吸引の現場をパパラッチされたのは2005年のこと。おしゃれクイーンで世の女性から絶大な支持を集めていたモスさんは、男性スキャンダルや派手な夜遊びもやりたい放題。それでも新陳代謝の激しいファッション業界で、トップに君臨するほどの圧倒的な人気があったのだ。でも、ことがドラッグとなると話は別。このコカイン事件で、モスさんのキャリアもよもやこれまでか・・・・・・と業界で思った人も当時は多かった。

 だが、しかし。5年経った今、ケイト・モスさんのキャリアについて彼女のエージェントが、イギリスの新聞に語ったインタビューが話題になっている。ケイトの年収は、事件の前と後では2倍になっている・・・というのだ!「コカイン事件の前は200万ポンド(約2.5億円)だった年収が、現在は400万ポンド(約5億円)程度に増えている」のだとか。

 事件当時、バーバリーやシャネル、H&Mなどのクライアント7社から契約を解除されてしまったケイト。当然といえば当然だろう。それでも、10代の頃から彼女の面倒をみてきたエージェントがクライアントを説得してまわり、結果的にはバーバリーの再契約だけでなく、ディオール、ロンシャン、ブルガリ、ルイ・ヴィトン、ヴェルサーチ・・・・・・とさらにビッグなクライアントとの契約にこぎつけた。事件が招いた、ちょっとしたスキャンダル特需である。こうして2年も経たないうちに、彼女はメインストリームにカムバックを果たした。
 
 しかし、「コカイン・ケイト」という不名誉なニックネームまでついたモスさんが、なぜここまで人気をキープできたのだろうか?

 優秀なエージェントのおかげもあるが、ファッション業界に愛されているから、というのも大きな理由だろう。「鬼の首をとった」ように世間の非難を浴びていたときに、ファッション雑誌やモデル仲間、ファッションデザイナーたちが次々と彼女を擁護する声明を発表。今年逝去したアレキサンダー・マックイーンもそのひとりで、事件直後のパリコレで「We Love You Kate」とプリントしたTシャツを着てランウェイに登場して話題となった。

 最大の理由は、世界の女性がなぜだかモスさんのことを大好きだから、ということかもしれない。自由奔放でスキャンダルにまみれながらも、繊細な美しさをみせるモスさんは、女性を惹きつけてやまない人間的な魅力にあふれているのだ。

◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説

日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)

おすすめの記事

クイックアンケート

特集の企画を考えています。貴方が「ゆかしメディア」で読みたいのは? (1)


日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする