トップ >  メイク・マネー >  「もしドラ」大ヒットにドラッカー遺族も大喜び

「もしドラ」大ヒットにドラッカー遺族も大喜び

金も大事だが…

 仕事をそっちのけで社会セクターに熱をあげるということは、なかなか日本社会においては受け入れられることはないだろう。だが、米国には実際にこうしたドラッカーの理論を実践して好業績をあげている企業もあるのだ。

 以下ワルツマン氏)ドラッカーが本にも書いているのですが、人々は工場で働くことで、仕事に充実感を感じ、さらには人生にも充実感を感じたように、仕事と生活の充実が一致していたのです。しかし、人々は現代では仕事だけで充実感は感じていません。終身雇用も消え、何の保証もなく、何が人生に充実感をもたらすのかが見えにくくなっています。

 ボランティアなり、地域社会に貢献するなり、人間としての充実感をもたらすことで、人は仕事にも前向きになり、すべての社会の流れが良くなります。だから、社会セクターが大事になるのです。もちろん、お金も大切なのですが、今、日本に一番欠けているのは充実感じゃないでしょうか。

 米国でも若い世代が、お金に負けないくらい人生の充実感を求める動きが起きています。自分の持つ技量に基づいて、労働時間内にボランティアなどの活動を組み込む。例えばマーケティングの知識があるなら、非営利団体の運営の仕方をアドバイスしたり、コンピュータが得意なら、コミュニティセンターのシステム構築に協力してみたり。

 それには、3つの理由があるのです。1つは地域社会への貢献がなされること、そして
2つ目は、若い人たちは技量があっても、不景気でお客さんがいなかったりするので、活かす場を得られないということ。最後3つ目は、それによってモチベーションが上がって、仕事の生産効率も上がる。

 実際にそういう条件を設けている企業には、いい学生が来るという結果が出ています。まだ、拡がるには時間が掛るでしょうけど。また、ボランティアには限りませんが、例えばグーグルでは、時間(「20%時間」と呼ばれる、勤務の2割を自分の自由な活動に充てることができる)を与えています。おかげで業績もあげていますしね。

 とにかく、ドラッカーはたいへんな日本好きでした。日本のみなさんが著書を手にとってくれていることを喜んでいると思います。


「ドラッカーの講義」
「ドラッカーの講義」
 ※ワルツマン氏が選んだドラッカー氏の講義は「ドラッカーの講義(1991-2003)」(アチーブメント出版)に収録されている。

◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする