トップ >  メイク・マネー >  相続税対策の切り札「無利子国債」とは

相続税対策の切り札「無利子国債」とは

政府お墨付きの合法的な節税対策

 では、“眠らせておくのはもったいない”相続税の非課税資産というのは、実際にはどのくらいあるのだろうか。熊野氏の試算によれば、実際に相続税を支払っている被相続人の割合は死亡者数の4.2%に過ぎないが、そのわずか4%強の人々の保有資産規模はかなり大きい。入手できる家計金融資産の分布から計算すると、上位4.2%が日本の全金融資産の29.2%を保有する。

 家計の純金融資産(負債を控除)の中で現金や年金運用分を除いた金額に29.2%を乗じると、相続税の課税が予想される人々の保有する純金融資産は242兆円と推定できる。仮に大口資産家が別途保有する実物資産などをすでに非課税枠いっぱいに持っていて、金融資産全体が課税対象になるという前提を置けば、この242兆円が無利子国債の消化余地ということになる。

 「年間1兆5000億円の範囲の税収を犠牲にして、最大242兆円の無利子国債が消化できるのならば、その経済効果は決して小さくない。将来の税収を見合いにして国債消化を進めようという検討案は、今後、さらなる応用、展開をみせる可能性がある」(熊野氏)。

 「金持ち優遇」批判は日本のマスコミのお家芸だが、高額所得者の退蔵資金を引き出して社会保障支出に充てるなど上手く活用するなら、その需要拡大効果は国民全体に大きな利益と幸福をもたらす。富裕層にとってみれば、いわば政府お墨付きの合法的な節税対策。消費税の議論が迷走すればするほど、日本の財政が火の車になればなるほど、「無利子国債」の発行が現実味を帯びてくる。

◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする