トップ >  メイク・マネー >  「こうすれば会社は潰れる」(板倉雄一郎氏)

「こうすれば会社は潰れる」(板倉雄一郎氏)

スピードの解釈を間違えてはいけない


板倉雄一郎氏
板倉雄一郎氏
 「世界初」のインターネット広告表示システムにサービス開始を目指した板倉氏率いるハイパーネット。今だからこそ、事を急ぎすぎた、と笑って冷静に語ることができる。スピードを重視した結果の失敗なのだが、経営には常にスピードが必要となるが、その「スピード」とは実はどんな意味なのだろうか? 

 以下板倉氏)時間も大切になってきます。今だからこそ言えるのですが、席巻してシェアを獲得するまでの時間が速いことが重要であって、決してスタートアップの早さが重要ではないんですね。「速さ」と「早さ」の違いです。

 つまり最終的に圧倒的なシェアを取れればいいのに、僕は世界初のリリースにこだわりすぎたのです。1996年に(事業が)スタートして、潰れたのは97年です。その約3年後にネットバブルが起きているんですね。特許でも取って、2、3年ボケッとしていた方が良かったかもしれないなぁ、と今でこそ思うこともありますけどね。

 ただ当時は、一番保守的だと思っていた株主をはじめ利害関係者がみんな、「すごいシステムだから早くやろう」と言ったんです。当時は僕も若かったし、周りがみんなそう言うものだからと急いだわけです。今だからこそ、わかることですけどね。

 「経営のスピード」と経営者の方はよく言うのですが、みなさんわかっていないと思います。大切なのは、いい波が来たときに乗れるかどうか。でも、いい波というのは近くに来るほど断定しやすくなるので、「イケる」と思ったその時に、いかに判断して乗る態勢を整えることができるかが大事なんです。つまり、決定してから実行できるまでのスピード(早さではなく速さ)が大事だということです。

 飛行機に例えると普通は十分に整備をして加速して離陸しますが、でも僕は、整備もこのくらいでいいや、ガソリンなんて半分でいいや、という具合に加速もなく出発しました。離陸そのものを急いだからです。それでは、エンジンが常に最大出力じゃないと失速してしまいますよね。

 いい波が読める人はいません。そのためには、波が来たときのために、いつでも参戦できる用意をしておくということが大事になります。
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする