トップ >  メイク・マネー >  資金が戻り始めた「美術品オークション市場」

資金が戻り始めた「美術品オークション市場」

日本のオークション市場拡大はこれから

「夏場以降の活況を支えているのは、同じ作者の作品の中でも評価が高く、名作といわれる〝高級品〟。当然、価格は高額で、一時のようにその作者の作品なら何でも売れるというわけではない」(羽佐田氏)。個人も垣根なく自由に参加でき、プロに限定された世界ではないとはいえ、以前よりも厳しい選別眼が求められるということだろう。

 オークションの歴史は古く、紀元前にまでさかのぼる。諸説あるが、欧州最古の歴史文献とされるヘロドトスの『歴史』には、紀元前500年頃にバビロニアで結婚相手を得るために開かれたオークションがその起源と書かれている。

 その後、時を経て1744年に書籍のオークションから出発したサザビーズ、1776年に美術商が創設したクリスティーズが設立された。現在では、世界中の富裕層たちが集まり、さまざまなオークションが開催されている。

 日本でのオークション市場は欧米に比べると歴史も浅く、美術品を中心とした高額品における換金市場の社会的基盤づくりが始まったばかりと言える。しかしながら近年、アートオークションへの参加者は年々増加傾向にあり、21世紀に本格的に産業化していく大きなポテンシャルを秘めた市場だ。
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする