トップ >  メイク・マネー >  日銀が買うJ-REITは投資すべきかどうか?

日銀が買うJ-REITは投資すべきかどうか?

外国人の問い合わせが増加

 東証REIT指数は1年2カ月ぶりに1000の大台を回復し、J-REITが堅調に推移している。その背景には「需給の改善」「日銀の資産買い取り基金の対象にREITが含まれたことの心理的効果」「基準地価の底打ち傾向」などが挙げられる。結論からいえば、J-REITは今後も堅調に推移しそうだ。

 まず需給について、みずほ証券金融市場調査部の並木幹郎シニア不動産アナリストによれば「最近の上昇過程で買いをリードしたのは、地銀を中心とする金融機関。ただしこのところ外国人からの問い合わせが増えており、足下では積極的に買っている可能性がある。今後も緩やかな上昇が続き、東証REIT指数は1400~1500を目指す可能性がある」とのこと。外国人は今年の4月以降売り越していたが、10月には小幅ながら買い越しに転じた。今後は金融機関とならんで、市場のリード役となる可能性がある。



 外国人と金融機関の影響が大きいことは、その売買シェアを見れば一目瞭然。10月時点でのシェアは、外国人が36%、金融機関が16%で、合わせると50%を超える。続くのが個人16%、投資信託8%。事業法人は1%にすぎない。外国人と金融機関の動きが、相場の方向感を左右する。
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする