トップ >  ニュース >  中国では空が富豪たちの遊び場になる

中国では空が富豪たちの遊び場になる

 「近い将来、飛行機に乗って通勤し、遊びに出掛け、買い物をするというのも夢ではないかもしれない」

 こう期待に胸を膨らませているのは中国の富豪たちだ。中国ではこのほど、「わが国低空空域管理改革にかんする意見」の中で瀋陽と杭州2つの地域で、試験的に1000メートル以下の低空域を開放することを明らかにした。時期が熟せば全国に拡大していく方針だという。また4000メートル以下の空域に関しては、その都度書類を提出し許可を取る必要はなくなり、登録制を導入する予定だ。

 これまで、中国では国や民間航空会社以外の飛行機の運航は認めていなかったが、裕福な人々がプライベートジェット機を購入し許可なく「空の散歩」を楽しむといった例が増えていた。これがしばしば、「未確認飛行物体の出現」となり航空便の発着に影響が出ていたが、やっとルールの制定をしたというわけだ。一方低空域の開放で、航空関連産業の市場の拡大を期待する声が大きい。

 2000年以降、中国ではプライベートジェット機への需要が増え続けている、販売台数は2008年が8機、2009年が15機と増加した。さらに2010年には20機を超える見通しとなっている。中国の億万長者の数は5,5万人いるとされる。低空域の開放が後押しとなって、今後10年間で全国20%の富豪がプライベートジェット機を買ったとすると、需要は1,1万機ある計算。一台1000万元(1億2000万円)と見積もっても、プライベートジェット機市場は運航・修繕費などをあわせて1300億元以上(約1兆6000万円)になると考えられる。また専門家の間では、一兆元(約12兆4000万円)を超える市場が出現するとの見方もある。

 現在、プライベートジェット機の保有量はアメリカが55%を占め約2万機、その次がヨーロッパで21%、アジア太平洋地域が11%を占めるという。中国はまだまだ出遅れているが、ネックとなっていた低空空域の開放政策が取られたことで、今後の見通しは良好だ。

◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説

日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)

日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする