トップ >  ニュース >  自分で掘るか中国から買うか(レアアース)

自分で掘るか中国から買うか(レアアース)

 今夏、尖閣諸島問題に関連して、中国がレアアースの輸出を制限し、日本はハチの巣をつついたような騒ぎとなった。実際レアアースがないと、もはや私たちの生活に必需品となった「液晶テレビ」も、「光ファイバー」も、「燃料電池」も、「永久磁石」も、そして「蛍光灯」ですら作れない。日本はそのレアアースの輸入の9割を中国に頼っているというから、日本中が震撼としたわけだ。

 しかし、何もレアアースは中国にしかないわけではない。実はレアアースは、まだ多くの国の地中に眠っており、以前は世界中で採掘されていた。有名なのは米カリフォルニア州の「マウンテンパス鉱床」で、1980年代には世界の半数以上のレアアースを産出していた。現在も同鉱床は大きな埋蔵量を誇っており、ほかにはオーストラリア、ブラジル、インド、モンゴルなどの地中にもレアアースは眠っているとされる。

 中国が主導権を握るようになったのは、その採算性の良さからだ。モンゴルとの国境に近い「バイユンオボ鉱床」は、レアアースの原料が地表に出ているような状態で、掘るのにコストがかからない。というより、掘らなくてもすでにそこにある。これによって採算コストの低下で市況価格が下がり、米国の「マウンテンパス鉱床」は、2002年に採掘休止に追い込まれた。

 要は「掘ればあるし、掘って掘れないわけじゃない」。この10月、日本はモンゴルとレアアース開発で、協力関係を強める方針を確認した。これまでは「掘ればあるのだが、あまりおいしい売り物にならないので掘らなかった」だけ。中国の売り惜しみで価格が吊り上がるなら、事業者はコストに見合う収益が得られる。困ったら「自分で掘ればいい」のだ。

◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説

日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)

おすすめの記事

クイックアンケート

特集の企画を考えています。貴方が「ゆかしメディア」で読みたいのは? (1)


日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする