トップ >  メイク・マネー >  東大教授の億万長者伝説

東大教授の億万長者伝説

「学者」にして「投資家」


東大教授
 東大教授でありながら、一代で巨万の富を築き上げた「投資家」がいた。その投資家の名は本多静六(1866-1952)といい、日本初の林学博士である。明治期にドイツに留学した秀才であったが家は貧しかったという。
 
 例外はあろうがおよそ世事に疎いと思われる人種の代表である「学者」が、赤貧洗うがごとしと言ってもいい状態から一念発起し、投資のみで億万長者となった。これは、数ある成功譚の中でも最も意外なものの一つではなかろうか。
 
 この事実を知ったとき、俄かには信じがたいという思いとともに、その秘訣を聞いてみたいという津々たる興味が湧き起こったことを覚えている。そこには、常人の容易に知りえない「科学的方法」でもあったのかと疑われても不思議はないからである。東京帝国大学教授にして伝説の億万長者・本多静六の方法は、確かに「科学的」である。現代のポートフォリオ理論を先取りする利殖法であると言ってもいい。

安値で買って長期保有


東大教授
 ところが、それは実際のところ「常人の容易に知りえない」ようなものではなく、むしろ常識的で当たり前のことであり、彼はその当たり前のことを、根気よく、ひたすら愚直なまでに実行し続けたにすぎないのである。その投資術についての詳細は本多の著書『私の財産告白』に譲るが、要はこの二点に尽きる。
 
・収入の4分の1を強制的に天引き貯蓄する
・その貯蓄を元手に、株価の安い「不況時」に積極的な投資を行なう
 
 「何だ、そんなことか」と拍子抜けするかも知れないが、最近のバブル崩壊と平成不況時の株価(例えば、住友金属株や銀行株を見よ)が2005年暮れ頃にはどうなっていたかを調べれば、その方法の正しさが納得されるというものだ。

不況時に積極果敢な投資


東大教授
 ただし、これだけでは納得が行かない、ほかにも何かあったはずだと言われる人のためにあえて付け加えるなら、確かに、戦前の人である本多静六には、現代の日本人よりも有利な点がないわけではなかった。本多が投資を始めた当時の明治大正期にあっては、後発工業国の日本でどのような業種に投資するべきか、欧米先進諸国の先例を参考にすれば比較的容易に判断できたからである。
 
 だが、何より重要なことは、市場全体が弱気に支配されている「不況時」に積極果敢に投資したことである。そして、株価が上昇し、世の中が好況に沸いているときには、浪費を遠ざけ、浮かれることなくかえって勤倹節約に励み、次の不況時に投資するためのタネ銭(本多はこれを「雪だるまの芯」と呼ぶ)を作った(現代風に言えばキャッシュ・ポジションを高めたということか)。要するに、巷の雰囲気に流されず、常に沈着冷静であれということであり、これは時代を超えた真理なのだ。
 
 原理は単純だが、言うほどに簡単なことではなかろう。しかし、その気になれば誰でも実行できることであり、その有効性は現代の投資理論が証明している。

全財産を寄付


東大教授
 ところが、「伝説の億万長者」本多静六については、さらに興味をそそられることがある。一般には投資法にばかり注目されがちの本多であるが、この賢人の真に面目躍如たる所以は、学者でありながら巨富を築いたことではない。むしろ晩年に至って「財産を失った」という事実の方なのである。しかも、正確には「失った」のではなく、一代をかけて築き上げた資産の大部分をほとんど自ら放擲したというのだから驚く。
 
 本多静六が「実質的な全財産を寄付(しかも匿名で)」したことは、半ば伝説化しており、しばしば本多の人格の高潔さを示す「美談」として語られるエピソードとなっている。言うまでもなく、凡人には、真似をするどころか、容易に理解したり共感したりすることさえできない行為であろう。それだけに、理論的には誰にも実行可能と見えるその蓄財術より以上に、この寄付行為こそが「本多静六」という人物を解明するための鍵を与えてくれるように思われる。
 
 この寄付行為について、本多は、『私の財産告白』でこう語っている。「私も大学の停年退職を機会に、西郷南洲の口吻を真似るわけではないが、「児孫の為に美田を買わず」と新たに決意を表明、必要による最小限度の財産だけを残し、ほかは全部これを学校、教育、公益の関係諸財団へ提供寄附することにしてしまったのである。この場合、前にも一度あった例にかんがみ、世間の誤解を避けるために、またその寄附に対する名誉的褒賞を辞退するために、匿名または他人名を用いた。」
――以降、次回へ続く――

取材協力:牧野光伸(金融法務翻訳家、M&Zビジネス翻訳センター代表)
 海外企業と日本企業との契約書、ヘッジファンド、私募債等の目論見書などの金融・投資関連文書の翻訳を精力的にこなしながら、外国との取引に不慣れな日本企業へのアドバイスなども行なう。日本での米国法人設立代行業者がその業務内容に比べて著しく高額なコンサルティング料金をとることを見出して以来、言語の壁による内外情報格差の存在に気付くとともに、いわゆるコンサルタント業に対して疑念を抱くようになる。スイスのプライベートバンク口座開設に関する情報を無料で提供するなど、投資コンサル業界に風穴を開ける活動を展開。『環境ビジネス』(日本ビジネス出版)の投資信託特集に寄稿するなど、辛口コラムニストとしても活躍。最近は芸術と金融の関係に関心があるが、研究時間が足りないのが悩みである。東京大学文学部卒業、同大学院社会学研究科修士課程修了。社団法人学士会会員、東大OBネット会員。1児の父。
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする