トップ >  ニュース >  復活の兆しを見せ始めた新興株市場

復活の兆しを見せ始めた新興株市場

 新興株市場に個人資金が流入し始め、久しぶりに活況を呈している。大型株が堅調に推移し、この動きが小型株にも波及している形だ。これまで見放されていた新興株に、割安感があるのは確か。ただし、投資家の信頼感が完全に回復したとは言い切れず、まだ課題も残されているようだ。

 小型株の中でも人気は、PBR(株価純資産倍率)が1倍割れで、割安感が強い銘柄。また、ジャスダックの新株式指数「JASDAQ-TOP20」に連動したETFが大証に上場予定で、これが関心を集めていることも新興株市場見直し機運の一因のようだ。TOP20採用銘柄には、楽天、セブン銀行、マクドナルド、第一興商など、知名度の高い企業も含まれている。

 ただし、投資家の信頼を一度失ったことによる悪循環が、完全に解消したと判断していいのかはなお予断を許さない。財団法人ベンチャーエンタープライズセンターの調査によると、上場企業の73.1%が「投資家からの信頼確保のため、上場基準を厳しくすることはやむを得ない」と回答している。

 また、機関投資家は「新興株市場へのIPO基準として重視すべきもの」として、「事業の成長性」を挙げるのは当然ながら、同時に「内部管理体制の強化」「反社会勢力の排除等、コンプライアンスの強化」なども重視すべきと回答している。新興企業に対する投資家の信頼感が完全に回復するには、なお課題も残されているようだ。

◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説

日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)

おすすめの記事

クイックアンケート

特集の企画を考えています。貴方が「ゆかしメディア」で読みたいのは? (1)


日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする