トップ >  クオリティライフ >  親子で学ぼう、11年度中学入試の時事問題

親子で学ぼう、11年度中学入試の時事問題

家庭環境と親子の会話が大切


奈良
 中学入試において「時事問題」の比重が年々増している。日能研教務部の調べによると、社会の問題の中で時事問題の知識そのものを問うものが2割、時事に絡めて歴史や地理等の社会科の知識を問う問題を含めると5割以上に達するという。また、都内の私立中高一貫校で時事問題を出題する学校は、今や全体の8割を超える。しかし、日々、世界で起きる広範な出来事のすべてを、学校や塾で教えるわけにはいかない。時事問題の習得には、家庭環境と親子の会話の役割が重要とされるゆえんだ。

 時事問題そのものの知識とは、首相交代をテーマに首相の名前を問うような問題。また、時事を切り口として社会の他の知識を問うというのは、たとえば平城遷都1300年をテーマに奈良時代の歴史を問うような問題が典型的。

 最近の主流は、時事問題を枕にする後者のパターン。時事問題を付け焼刃に詰め込んだだけでは、容易に解答には至らない。「リアルな現実の社会と、教科書で学んだ知識をつなげる力が求められる」(日能研)。家庭環境でいえば、そもそも親がニュースも見ないようでは、時事問題に関する家庭での会話が成立しない。

 ちなみに2010年度入試で多かったテーマは、選挙の年だったこともあり「衆議院議員選挙」が筑波大付属中など、「鳩山内閣」が慶応中等部など多数の中学入試で出題された。他には「プラハ演説と核兵器」「裁判員制度」「不況と労働問題」など。中には「定額給付金」「冤罪」「新疆ウイグル自治区」など、大人も少し頭を抱えそうなテーマが並ぶ。
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする