トップ >  メイク・マネー >  幸せと金儲けは両立できるか?【2】中途半端に頭いいのはダメ

幸せと金儲けは両立できるか?【2】中途半端に頭いいのはダメ

近江商人の「三方よし」を実践

久米氏

 明大で教えている授業の基本は、近江商人の「三方よし」なんです。売り手よし、買い手よし、世間よしと三者が良くなることで、プロジェクトはうまくいくということ。

 僕が携わっている東京商工会議所墨田支部「墨田ブランドアップ推進会議委員」で、墨田区の職人さんを紹介することになりました。写真はプロに依頼すると、版権が発生して、載せる度にお金がかかってしまう。そこで、つながりのあるカメラ関連のNPO団体に打診してみました。そこには本格的な機材を持ち、写真を撮るのが大好きなアマチュアが2万人もいる。職人はなかなか撮る機会がないだろうと、声をかけたらぜひ撮りたいとすぐに集まった。でもまだ三方よしではない。職人さんからすると、仕事を邪魔されて取材を受けるのは余計なお世話です。でもパシャパシャ撮られているうちに、職人のおじいさんも次第に背筋が伸びてきた。自分の仕事は、写真を撮られるに値するカッコいいものだとわかってきたんですね。

 撮影した人は自分の写真が使われて名前まで出る、職人さんも元気になる、観光協会はその写真を無料で使ってプロモーションできる、これで三方よし。こういう連立方程式みたいなものを考えるのが、人生のゲームとしては一番面白いです。これをビジネスとして起こすには、さらに必要な資質がありますが。

天野氏

 僕が意識しているのは、自分がどんな価値を提供できるかで、どう喜んでもらえるかということだけで、そこから発生する利益はあまり考えていない。自分は前面には出ないで、相手に何かしらの成果が出ることをこちらがサポートすることによって、成果の一部をいただくという考え方ですね。

 値段設定は、自分が心地よい価格にする、としか言いようがないです。要はこの値段をいただくのなら、完全にフルコミットして、すべて出しつくして惜しくないという価格。この程度の価格しかもらわなくて本気になれないという価格にしてしまうと、お互い不幸だと思うんです。高い価格を提供することで、自分にプレッシャーを与えるということもあります。価格を先に決めて、それを上回る価値をいかに生み出すかことをひたすら考えています。

 相手の立場に立つというのが、ビジネスの基本中の基本。当たり前のことなんですけれど、なぜかみんな忘れてしまう。相手だったらどう思うか、自分を常にそのポジションに置いてみる。さらに難易度は高いですが、自分が在りながら、相手の立場にも立つということができればベストですね。これは自己習練で培うものですけど、ビジネスでも、プライベートでも常にそれを意識し続けるということです。できなければ、そこから学ぶという姿勢でいいと思います。◆前篇はこちら◆

◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする