トップ >  メイク・マネー >  年率10%、ピクテのヘッジファンド投資 

年率10%、ピクテのヘッジファンド投資 

ヘッジファンド業界の主要プレイヤー


年利10% ピクテ
 ピクテの金融部門サービスの柱となっているのが「ヘッジファンド投資」である。ヘッジファンドといえば、最近は米国のサブプライムローン問題の主役としてクローズアップされ、ハイリスク・ハイリターンの代名詞のように思われているが、実はリスクをヘッジ(回避)するファンドという意味からスタートしており、その種類も豊富に揃っている。
 
 実際に、ピクテが運用商品として推奨しているヘッジファンドは、ピクテが数多くのヘッジファンドの中から厳しい審査を繰り返して、優れた運用成績を残してきた長期運用を原則とする運用スタイルのヘッジファンドばかりだ。
 
 ピクテは、ヘッジファンドへの投資に関してすでに15年以上の歴史を持ち、中でもファンド・オブ・ヘッジファンズ(以下FOHF)に関しては、13年以上のトラックレコード(投資経験)を持っている。ヘッジファンドへの投資残高は、2007年10月末現在で累計270億米ドル(3兆円1000億円、1米ドル=115円で換算、以下同)、そのうちの90億ドル(約1兆円)は一任勘定運用、FOHFによる投資も55億ドル、6325億円に達する。
 
 FOHFといえば、つい最近の金融商品のように思われがちだ。とりわけ、日本にこの種の商品が入ってきたのは、極めて最近のことだ。しかし、ビクテではすでに1980年代の終わりにはヘッジファンドの推奨を行っており、1994年には「Mosaic 1」というFOHFを立ち上げている。さらに、98年にもその第2弾となる「Mosaic 2」を立ち上げている。それだけ、ヘッジファンドの世界では長い
歴史を持ち、主要な投資家の1社として認識されているのだ。

優れたファンドマネージャーを選出する体制


年利10% ピクテ
 ピクテには、優れたファンドマネージャーを世界中から選りすぐる為の、「MMS=Manager Selection Service」という専門家集団がいる。そこでは「MMS Executive Committee」という最終決定機関を頂点として、「ヘッジファンド」や「トラディショナル(伝統的)ファンド」「プライベート・エクイティ」といった個々の投資商品に精通した専門スタッフが配置されている。これらの専門家に加えて、リスク管理(Risk Management)のために2人のアナリストを配置。さらに、運用精査(Operational Due Diligence)のために2人のアナリスト、といった具合に総勢37人の専門スタッフが日々世界中のファンドマネージャーの選別を行っている。
 
 たとえば、ファンドマネージャーの選別基準では、少なくとも四半期に一度は運用責任者との間でミーティングが行われている。具体的には、ファンドマネージャーの経験や履歴、経営の安定性を見る「人物と組織」のチェック、そしてリスクの度合いや投資手法、流動性、レバレッジと言った「投資プロセス」、内部統制や責任の明確化といった「投資決定方法」、運用手法や制限といった「リスクマネジメント」の部分で選別基準を設けている。
 
 さらに、こうした定性分析だけでなく定量分析の面でも、ファンドマネージャーのチェックが行われる。たとえば、月次、年次、下落時、回復期間といった「運用成績」のチェック、標準偏差、シャープレシオ、ソルティノレシオといった「リスク/ボラティリティ」のチェックも基準となる。

厳密なファンドマネージャーのリスク管理


年利10% ピクテ
 一方、ファンドマネージャーの「リスク管理」のチェックでは、さらに詳細なチェックが行われる。具体的には――
 
・投資戦略変更
・リスクマネジメントの実施
・透明性の度合い
・投資スタイルの変化
・組織変更のチェック(退職など)
・同業他社分析
・運用資産額の変動(解約などの状況)
・取引相手のリスク
・解約及びその費用
 
 リスク管理では、さらに「アロケーション」や「ポートフォリオの構築」と言った面についても厳しいチェックが行われている。アロケーションでは、戦略の分散化やリスク負担の度合い、投資原則の適合性、相関関係と変動幅のモニター、マクロ経済への対応、ピクテ銀行投資委員会との連携などがチェックされる。


年利10% ピクテ
 ポートフォリオの面でも販売体制や最大ポジション金額、積極運用を見直す場合の体制、モデル情報の更改スキーム、分散運用の状況、ポートフォリオレベルでのリスク制御の状況、投資ファンドへのリスク分析の状況などがチェックされる。
 
 たとえば、リスク分析ではVAR(バリュー・アット・リスク)、最大下落率、半偏差、ソルティノレシオといったリスクが分析される。ちなみに、VARとは保有している資産がどの程度、損失する可能性があるのか。過去の価格推移などをもとに統計的に算出する指標のことだ。ソルティノレシオも、ヘッジファンドをチェックする際にみるもので、簡単に言えば下振れリスクがどの程度あるのかを客観的に見るデータである。

Pleiadのアロケーションにみる運用スタイルの違い

 さて、そんなピクテが日本に導入したFOHFは「F3」と「Pleiad(プレイヤード)」の2種類だ。特に、Pleiadは最低50百万円程度から投資できる商品で、飛びぬけた資産家でなくても、利用できる商品と言える。ところで、このPleiadのポートフォリオの内容を示した下の円グラフを見ていただきたい。様々な運用スタイルのヘッジファンドが組み込まれていることが分かるはずだ。
 
 最も一般的な「ロングショート(Long/Short)」をはじめとして、「イベントドリブン(Event Driven)」「グローバルマクロ(Global Macro)」「マルチストラテジー(Multi-Strategy)」などがある。さらに、元本確保のFixed Incomeや破綻(ディストレスト)証券、Convertible Bond Arbitrage(債券を使った裁定取引)といったヘッジファンドがよく使う金融商品も入っている。これらの運用戦略を簡単に紹介すると――


年利10% ピクテ


●ロングショート(Long/Short)……将来値上がりが予想される株式などを「買う」取引が「ロング」、逆に将来的に値下がりが予想される銘柄を「売り」の状態で待つのが「ショート」。ロングポジションとショートポジションを、そのときの状況に合わせて保有し、取引するのがロングショート戦略だ。ヘッジファンドのもっとも一般的な運用戦略といえる。
 
●イベントドリブン(Event Driven)……合併や企業買収などM&A絡みのイベントを狙って投資する戦略。組織再編、事業再編成、清算、破綻などもターゲットとなり、これらイベントによる価格変動を利用して収益機会を生かす運用法。場合によって事業再編成の動きを5~7年間もじっと待つこともある。
 
●グローバルマクロ(Global Macro)……各国の株式市場をはじめとして債券、為替、商品、デリバティブなどのマーケットで、市場価格の歪みを見つけて投資する方法。かつてはヘッジファンドの代表的な運用戦略で、ジョージ・ソロスのクォンタム・ファンドなどが英国ポンドやタイバーツといった為替をターゲットにしたことで知られる。 
 
●マルチストラテジー(Multi-Strategy)……ヘッジファンド一口に言っても、そのストラテジー(戦略)によっていくつかに大別される。単一の戦略を駆使するのが「シングルヘッジファンド」、そして複数の戦略をそのときの状況に応じて使うのが、このマルチストラテジーだ。
 
 ちなみに、ピクテのFOHFでも「F3」はロング/ショートとマルチストラテジーの2つのタイプのヘッジファンドによってポートフォリオが組まれている。リスク分類が「F3」がモデレート(中庸)なのに対して、「Pleiad」はコンサバティブ(保守的)であるため、それだけポートフォリオの中でも分散投資が行われており、その分だけ様々なヘッジファンドを使うことになると考えていいだろう。

最低5年の一貫した運用方針、年率10%を目指す


年利10% ピクテ
 こうしたFOHFを中心とするピクテの資産運用は、07年6月に新たに導入されたものだが、もともとピクテには次の4つの方針が存在している。
 
①外貨のスペシャリストであること
②テーラーメイドな資産運用
③継続性のある金融商品
④長期分散投資
 
 ピクテによるプライベートバンキングの日本進出は2001年だが、2006年までの約5年間はREITなどの不動産を中心に推奨してきた。しかし、 2006年以降はそうした動きを「外貨」と「ヘッジファンド」に方向転換した。この方針は、今後少なくとも5年間以上継続される。つまり、ピクテの資産運用のアドバイザリーサービスは、その時代に合わせて変化していくということだ。


年利10% ピクテ
 こうした資産運用サービスは、各顧客に対しては定期的にプライベートバンカーが面談やレポートを通して、定期的にコンタクトを取っている。各種投資情報は、Eメールやファックスで提供され、直接面談も実施している。現在、日本にはピクテのプライベートバンカーが4人在籍しているが、その内訳は日本人2人、スイス人2人だ。
 
 運用の目標リターンは年率10%。実際に、実績面でも10%に達している。07年も10%を達成できるだろうとピクテでは予測している。ちなみに「Pleiad」は、07年8-9月の実績で11.8%に達している。世界的に、株価が暴落していた8月でもこれだけの実績を残している。ピクテの資産運用能力の高さを象徴しているといっていいだろう。
――以下、次回へ続く――


ピクテ
取材協力:湯河元恭(ゆかわ・もとやす)
 1957年東京生まれ。曽祖父が三井銀行創世期のメンバーの一人というバンカー一家に生まれ、自身も4代目という家庭で育つ。1981年東京国際大学商学部卒業後、日本興業銀行入行。本店債券部、横浜支店、本店勤務を経て、1996年東京支店課長となる。1998年高松支店金融法人課長、本店人事部副参事役を経て2000年3月に日本興業銀行を退職。同年4月ピクテ投信投資顧問株式会社に個人金融資産部長として入社。2000年12月ピクテ・ファイナンシャル・マネジメント・コンサルタント株式会社を設立し、取締役個人金融資産部長に就任。2007年3月同社常務取締役。日本人ではじめてピクテのプライベートバンカーとなり、本場スイスのPB業務を日本の富裕層に展開。


ピクテ
取材協力:金田明(かねだ・あきら)
 1967年横浜生まれ。1991年慶應義塾大学法学部卒業後、安田信託銀行(現みずほ信託銀行)入社。証券企画部、ニューヨーク現地法人勤務を経て、 1999年12月に同社を退職。その後、シティバンク、メリルリンチ日本証券にてプライベートバンキング業務に従事。2006年3月に中央大学MBA取得。2007年6月ピクテに入社、個人金融資産部副部長に就任。

◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする