トップ >  クオリティライフ >  2010年富裕層ヒット商品・サービスベスト10 1位は1時間で売り切れたアレ!

2010年富裕層ヒット商品・サービスベスト10 1位は1時間で売り切れたアレ!

富裕層の半数に浸透した「スマートフォン」が2位


iPhone4
iPhone4
 第2位は世間の流れと同じく、やはり「スマートフォン」。アップルのiPhone4の所持者が最も多かったが、auのAndroid携帯を購入したという人も多数いた。アブラハム・グループ・ホールディングスが今年10月にプライベートクラブ「YUCASEE(ゆかし)」会員を対象に実施した「スマートフォンに対する意識調査」では、50.4%がすでにスマートフォンを保有しており、23.4%は現在保有していないが、今後買い替える意向があると回答していた。世間と同じくスマートフォンが浸透した一年だったが、半数以上が実際に所持しているというのが富裕層ならではだろう。

 第3位は、今年10月1日に大阪・本町地区にオープンしたラグジュアリーホテル「セント レジス ホテル 大阪」。世界的なホテルチェーン、スターウッドホテル&リゾートの最高級ブランド「セントレジス」が大阪に進出ということで、西梅田地区にある「ザ・リッツカールトン大阪」のライバルになると注目度が高かった。客室は全160室で宿泊料金は1泊6万9000円~。広さ197平米のロイヤル・スイートは1泊80万円。
 2013年春にはインターコンチネンタル ホテル&リゾーツも大阪にホテルを開業予定で、大阪のホテル業界は競争の激化とともにますます盛り上がりを見せそうだ。

セントレジス ホテル 大阪
セント レジス ホテル 大阪

突然閉店した「ピエール・ガニェール」のその後は?


ピエール・ガニェール
東京タワーが美しく見える
新ピエール・ガニェール店内
 第4位にはハイブリッド車の「プリウス」がランクインした。富裕層はハイブリッドカーや、米テスラ・モーターズなどのEV車に興味がある人が多く、今後購入するなら環境へ配慮した車を選びたいという割合が高かった。また、富裕層ではハイブリッド車の代表的なモデルである「レクサス」派よりも「プリウス」派が多いことが特徴だ。

 第5位は、自宅で3D映画が楽しめる「3Dホームシアター」がランクイン。今年は映画館で3D映画が流行ったが、富裕層はそれを自宅で再現しようとするようだ。

 第6位は高級フレンチレストランの「ピエール・ガニェール」。2009年8月に突然閉店して話題になった、著名3つ星シェフ、ピエール・ガニェール氏の「ピエール・ガニェール」が新たにANAインターコンチネンタルホテル東京(東京都港区)内に3月にオープンした。高級レストランの最新事情に詳しい人が多く、以前の店の味と比較したいとして足を運ぶ人が多かった。

 第7位にはアップルの「iPad」、第8位はノキアの高級携帯電話ブランド「Vertuのコンシェルジュサービス」、第9位には国内最高級美肌サプリメント「悠々美的」が入った。「悠々美的」はニュートリション・アクトが開発し、ゆかしが全面協力をして誕生した美肌サプリメントで、クチコミで女性に浸透した。第10位は、ハリウッドのスターやアーティストたちに人気の1本5000円のミネラルウォーター「フィリコ・ジュエリーウォーター」だった。

iPad
iPad

 全体の傾向としては、世間のヒット商品と連動しつつも、「スマートフォン」のようにその浸透度がより高いことや、「3Dホームシアター」のように、流行に沿うだけでなく、それを自分の生活に積極的に取り込もうとする姿勢が強いことがわかった。

◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする