トップ >  YUCASEE コラムニスト >  世界遺産を巡るお薦めコースと旅の情報 >  お薦めしたいローマの歩き方【2】

お薦めしたいローマの歩き方【2】

MR.世界遺産
MR.世界遺産
世界遺産巡りを趣味とするIT企業の会長です。出張や観光で海外の遺跡を数多く見てきましたが、中世ヨーロッパの石の建造物に魂を揺さぶられるような感動を受けることがあり、今は世界遺産を中心に旅をしています。既に世界遺産936件中、154件を訪問しましたが、うち126件がヨーロッパです。今後も旅を続け、世界遺産の魅力をお伝えできればと思います。

次は同じくナボーナ広場の「ムーア人の噴水」。
ムーア人とは北西アフリカに住むイスラム教徒をさした呼称です。

ローマ

顔が似てると市民が勝手にムーア人と呼んだらしいが、噴水の水を噴き出す顔は拡大すると結構、楽しい絵になります。

ローマ

この後、「パンテオン」の中に入り、天井の穴から降り注ぐ光をカメラにおさめ、すぐ近くの「トレヴィの泉」の脇を通り、ベルニーニを探してバルベリーニ広場までやってきました。

写真は「トリトーネの泉」。
ベルニーニの数多くの噴水の中でも、最初の作品らしい。
後に見えるホテルは名前も「ベルニーニ」、この近辺はベルニーニだらけです。

ローマ

4頭のイルカの上で海神「トリトーネ」が、とりとーねなく水を噴いてます(笑)。

ローマ

ここからは翌日になりますが、ホテルから歩いて、再びバルベリーニ広場にやってきました。

同じ広場にありながら昨日は見つからなかったのが不思議な、「蜂の噴水」をようやく見つけました。
水汲み用、つまり生活用水なので、とても小さな噴水です。

ローマ

拡大するとこんな感じです。
開いた貝に三匹の蜂がとまっている愛らしい噴水ですが、なぜ蜂なのかというと、ベルニーニの依頼者がウルバヌス8世で三匹の蜂を紋章にしているバルベリーニ家出身だから。

ローマ

次は地下鉄で一駅の距離だが、歩いてスペイン広場までやってきました。
ものすごい観光客で、写真を撮るのも大変。

この噴水が「船の噴水」。
噴水の中に船があり、その船も噴水になっています。

ローマ

ベルニーニの制作かと思っていたが、「地球の歩き方」によるとベルニーニの父の制作と書いてある。
確かに、今までの彫刻とはちょっと違った雰囲気もあるが、果たしてどちらの制作なのだろう。

ローマ

ローマには大小合わせて700から1000の噴水があるという。
今回はベルニーニ制作の噴水を中心に廻ったが、トレヴィの泉や、共和国広場の噴水も、バロックの代表作として必見です。

そして噴水でなくとも、教会の中にもベルニーニの作品がまだ沢山あるので、次回は教会を中心にゆっくり廻ってみたい。


今回の「お薦めしたいローマの歩き方」が今年、最後の原稿になります。
読んでくださった皆様にお礼を申し上げるとともに、来年もボチボチと書きますのでよろしくお願いします。

末筆ではございますが、皆様のご健勝とご多幸をお祈り申し上げます。
                            MR.世界遺産

◆『ヘッジファンド』から『慶応幼稚舎』まで。「ゆかしメディア」は日本最大級の富裕層向けメディアで、月間30万人以上にご利用いただいております。なお、純金融資産1億円以上の方は、富裕層限定オンライン・プライベートクラブ「YUCASEE( ゆかし)」にご入会いただけます(書類審査並びにスタッフによるインタビュー審査がございます)。 著作・制作:ゆかしウェルスメディア株式会社

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドとは?わかりやすく解説


日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)
日本の富裕層、伸び率世界最大

2013年の日本の富裕層人口は、対前年比22.3%増の232万7000人となったことがわかった。伸び率は世界最大で、人口は米国に次いで世界2位だった。世界全体で富裕層人口は…

世界の富裕層に大人気!

金融資産3000万円~5億円の方限定!相場暴落・金融危機での儲け方とは?【高利回り実績のある一流海外ヘッジファンド】への投資機会を手に入れるノウハウをあなたにも

HF報酬ランキング、2年連続1位は

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位は前年に引き続き2年連続でアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額は…




ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする